background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者意見】フジテレビがお詫びした先は台湾か中国か洗脳戦と「スーパーニュース問題」 萩原 功 (転載)

【読者意見】フジテレビがお詫びした先は台湾か中国か
      洗脳戦と「スーパーニュース問題」

                    ITコーディネーター 萩原 功

(1)

 フジテレビへの抗議は是非とも継続し拡大していかなければならない。

 フジテレビは2006年5月4日放送のFNNスーパーニュースで台湾ラーメンを紹介し、レポーターの芸能人が台湾ラーメンと叫ぶシーンに、翻る中国共産党政権の国旗五星紅旗をアニメーションで表示し、五星紅旗の上に「タイワンラーメン」という文字をかぶせた。

(台湾ラーメンとは名古屋で台湾出身者の老舗台湾料理店の店主が台南名物の担仔麺をもとに考案したラーメンである。大いに人気を博し、現在では多くの店舗やラーメンチェーンでも提供される名古屋のご当地ラーメンに成長した。名前の由来は考案した台湾料理店店主が「台湾人が作ったラーメンだからと台湾ラーメン」と名づけたからだとの説がある。)

番組放送中からの視聴者の抗議に対して、4日後の5月8日の同番組で安藤優子キャスターが「先週木曜日の特報の台湾ラーメンの放送に際しまして、一部配慮に欠ける表記がありました。関係者の方にご迷惑をおかけいたしました」と誰に対し何を謝罪しているのか意味不明なコメントを発表した。その後の抗議に対してフジテレビは問題はこのコメントをもって解決済みとの対応を行い訂正には応じない姿勢を続けている。

 5月8日の安藤優子キャスターのコメントにある「先週木曜日の特報の台湾ラーメンの放送に際しまして、一部配慮に欠ける表記がありました。関係者の方にご迷惑をおかけいたしました」という「関係者の方」とは一体全体だれであるのか。
 「この関係者の方」には二つの意味をこめることが可能だ。ひとつは「台湾は台湾であり中国ではない」という人々である。もうひとつは「台湾は中国の一部である」とする勢力である。台湾ラーメンと中国共産党政権の国旗五星紅旗の組み合わせに関わる「関係者の方」はフジテレビ自身を除けば、この二つに分けられる。

お詫びした先が「台湾は台湾であり中国ではない」いう人々であれば、なぜ台湾ラーメンと中国共産党政権の国旗である五星紅旗を結びつけた報道を訂正できないのであろうか。

 フジテレビが上記の訂正を拒む以上、安藤優子キャスターのコメントが「台湾は中国の一部である」とする勢力へのお詫びである可能性を検討する必要がある。

フジテレビが「ご迷惑をおかけいたしました」とお詫びした「関係者の方」が「台湾は中国の一部である」とする勢力と仮定すると、 「先週木曜日の特報の台湾ラーメンの放送に際しまして、一部配慮に欠ける表記がありました。」という発言の意味は「一部配慮に欠ける表記」により「台湾は台湾であり中国ではない」という人々の抗議を呼び込んだことを指すはずである。この場合、5月8日の安藤優子キャスターの「謝罪」発言は「台湾は中国の一部」とする洗脳における不手際に関して「台湾は中国の一部である」とする勢力への謝罪を意味する。また、フジテレビが「ご迷惑をおかけいたしました」とお詫びした「関係者の方」が「台湾は中国の一部である」とする勢力と仮定すると、フジテレビが行ってきた「台湾は台湾であり中国ではない」という人々のこの誤報への抗議に対する不誠実な対応も辻褄が合う。


(2)

 先ごろ亡くなられた高名な経済学者のガルブレイスは権力の解剖という著書の中で権力を威嚇権力と褒賞権力と条件付け権力に分類している。威嚇権力とは中国が核で脅しミサイルで脅し難民という人口爆弾で相手を脅すように、威嚇をもって自らの意思を強制する権力である。褒賞権力とは金や性欲で相手を篭絡するように、褒賞を通じて自らの意思を強制する権力である。経済的利便を求めて発生してもいない被害を言い立てて首相の靖国参拝を非難した経済同友会は中国の褒賞権力に屈
した訳である。条件付け権力とはイメージを刷り込むなどの手法で相手の思考を自発的に条件反射的に自らの意思に従わせる権力である。パブロフの犬が餌を与えられ同時にベルを鳴らされ、ベルの音を聞くだけでよだれをたらすようになる。この条件反射とおなじように「台湾ラーメン」と同時に五星紅旗を表示する類のことを繰り返せば、「台湾」を見ると五星紅旗を条件反射的に連想し、無意識に「台湾は中国の一部」とする洗脳を受けやすくなるように視聴者を刷り込むころが可能である。条件付け権力の恐ろしいところは相手からの強制を感じずに相手の意思に従ってしまう点にある。中国の非道に目をつむり台湾の民主主義と独立をないがしろにする「中国に対する謝罪意識」も条件付け権力によって我々の刷り込まれたものなのである。これは、洗脳戦でありウソも延々と繰り返せば真実とすることができるという中国の得意とする戦法である。条件付け権力や洗脳戦に対抗するには、条件付けや洗脳が行われていることに気づくことが、大前提である。日本国民と台湾国民は中国による洗脳戦が仕掛けられている可能性について、常に疑い注意深く対応する必要がある。マスコミや教育の現場で中国による条件付けや洗脳が横行することを絶対に許してはならない。

 こう考えると、「スーパーニュース」の誤報が過失であれ故意であれ、台湾ラーメンと中国共産党政権の国旗である五星紅旗を結びつけた報道に対する明確な訂正のないまま「スーパーニュース問題」を見逃せば、今後はもっと洗練した手管で「台湾は中国の一部である」という洗脳がおこなわれる可能性が高まる。そのひとつとして台湾のトピックスに中国をシンボライズさせる動物や風景を関連付け、「台湾は中国の一部である」であるとの連想が日本国民が条件付けられ刷り込まれる可能性がある。たとえば台南名物の担仔麺と関連づけて万里の長城を映すなどの刷り込みである。繰り返しになるが条件付け権力の恐ろしいところは相手からの強制を感じずに相手の意思に従ってしまう点にある。台湾のスターを台流とよばず中華を連想させる華流と呼ぶなど、すでに洗脳戦は進行しており、われわれが気づかないでいただけかもしれない。「台湾は中国の一部である」という洗脳の次は「尖閣列島や沖縄は中国の一部」という洗脳であり、最終的には「日本は中国に併合されるべきだ」という洗脳がまっている。いや、むしろ、音楽や芸術をつかい友好を騙って中国による対日洗脳戦はすでに進行していると見るべきなのだ。中国大陸や朝鮮半島の現状を見るとき、洗脳の危険性について軽視することはゆるされない。中国の洗脳戦に敗れれば、台湾人は中国の2級国民とされ、日本人は中国に操られるロボットと化すのである。

 このような事態を防ぐためにもフジテレビへの抗議は是非とも継続し拡大していかなければならない。「スーパーニュース」の誤報が過失であれ故意であれ、マスコミが中国の洗脳戦に加担する事態を防がねばならない。フジテレビが「ご迷惑をおかけいたしました」とお詫びした「関係者の方」が「台湾は中国の一部である」とする勢力ではないならフジテレビは「台湾の旗は中国共産党政権の国旗である五星紅旗ではない」ことに基づき明確な訂正を行わなければならない。さもなければフジテレビは中国の洗脳戦に加担したとの疑念を払拭することができない。中国の洗脳戦に対抗するにはフジテレビの「謝罪」ではなく明確な訂正が必要である。フジテレビへの抗議を継続し拡大し台湾ラーメンと中国共産党政権の国旗である五星紅旗を結びつけた報道に対する明確な訂正を勝ち取ることが、中国の洗脳戦に勝利することにつながるのである。以上。

*******************************************************************************************


【中国の政治宣伝に加担するフジテレビに抗議を!】

フジテレビの「スーパーニュース」は5月4日の放送で、台湾の国旗として中国の五星紅旗を画面に映すという「大誤報」をあえて行い、後に抗議を受けて非は認めながらも、いまだに訂正だけは拒んでいます。これらはすべて中国への配慮なのです。抗議と訂正要求にご協力ください!

フジテレビ 電話03-5531―1111(視聴者窓口)

ここから番組に「メッセージ」を送ることもできる。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/supernws/index.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。