background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
2012年10月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ご案内】青森李登輝友の会特別講演会

             青森李登輝友の会・特別講演会



日本李登輝友の会は、台湾の李登輝元総統が唱える「日台運命共同体」理念に呼応し、日台関係を強化するために様々な親善交流活動を行っておりますが、その青森県支部である私たち青森李登輝友の会も設立から6年目に入り、さらに活動を充実させているところです。

そこで来る11月25日(日)、講演会と懇親会を開催し、日台交流にご関心のある県下および近県の方々と懇親を深めたく存じます。当日はどなたでもご参加いただけますので、是非お誘いあわせの上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。
                           支部長 菊池 晃

                  記

 特別講演会:「尖閣問題とこれからの日台関係」

 講師:柚原正敬氏(台湾研究フォーラム顧問、日本李登輝友の会常務理事・事務局長)
講師略歴:柚原正敬(ゆはら まさたか)昭和30年(1955年)、福島県生まれ。早稲田大学中退。同57年、専務取締役編集長として出版社「展転社」を創立、主に天皇、靖国、大東亜戦争、南京台湾に関する著書約130冊を担当編集。平成7年(1995年)、台湾研究フォーラムを設立。展転社を退任後、同14年(2002年)、日本李登輝友の会の設立とともに常務理事・事務局長に就任し現在に至る。栃木県日台親善協会顧問、日台文化芸術交流協会理事。共著に『台湾と日本・交流秘話』『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』(李登輝元総統2007訪日記録集)『誇りあれ、日本よ』(李登輝元総統2009訪沖記録集)など。


           

【日  時】 平成24年11月25日(日)(13時半開場)

【場  所】 アウガ5階・「研修室」 青森市男女共同参画プラザ 
青森市新町1丁目3-7(JR青森駅より徒歩3分)
Tel.017-776-8800

  【講 演 会】 14時~15時半

  【懇 親 会】 15時半~17時半

  【参 加 費】 講演会&懇親会込みで1、000円 (当日参加ok)

【申し込み】 FAXまたはメールにて、1.氏名  2.電話番号 3.懇親会へのご出欠
をお書き添えの上、11月24(土)までに下記へご連絡お願い致します。


【主  催】 青森李登輝友の会 (日本李登輝友の会青森支部)

【後  援】 青森日台交流会 国際交流会ワイワイクラブ 救う会青森
スポンサーサイト

【報告】尖閣を守るぞ!街頭宣伝INアウガ

9月29日(土)青森駅前通りにある「アウガ」の前で、
「青森李登輝友の会」「青森日台交流会」は尖閣諸島を守りという目的で、
街頭宣伝と署名活動を行いました。

天気は曇り空ですが、ちょうどよかったのです。
暑くない、雨も降っていない!

参加するメンバーは「青森李登輝友の会」菊池支部長さんのファミリーと、
うちの子供達と、会員の八木橋さんと「救う会青森」の成田義人代表も応援に
駆けつけてくれました。

菊池支部長さんはスピーカで尖閣諸島に迫る危機を訴えました
大人は署名用紙を通行人に署名を、子供達はチラシを配ってました。
なんというチームワークでしょうね!!!

街宣をやる?!
最初は 意味あるのか? 効果あるのか? 通行人は関心を持っててくれるのか?
いろんな不安はありましtらが、

実際 当日の情況をみると、よく分かったことが
年配の方から10代の若者まで、
実は関心はあるんだ!!

立ち止って、演説を聞いたり、チラシの内容を詳しく聞いたり、署名してくれたり、
ある意味、ちょっと予想外の反応で、驚いています。

いいんだ!やっていいんだ!もっとやっていいんだということをね
又少しはほっとしています

もしも 一般の方が、あまりにも興味がなくて、関心がなかったら、どうしょう?!
という心配が消えました。

本当によかったのです!

しかし 尖閣諸島の問題はこれからなのですね!
国連の会議で 中国は 「尖閣は日本が盗んだ」という発言ですが、
ハハハ 失笑するよ~~~

とんでもないことを言うのね!!
日本政府はよく対策を考えないとね、自国の領土を守るということは言うまでもない
大事なことですからね!

首相が民主党の方か 自民党の方か、関係ありません どちらが 誰かがなっても
最後まで責任を放さないでほしいわね、結局政権交代するから、中途半端な責任感で
後の人はやるでしょうという無責任感のせいで
領土問題が積み重ねてきたじゃありませんか?!

友達から なぜそれをやらなくちゃならないの??
と聞かれましたが

まぁ~「青森李登輝友の会」「青森日台交流会」をやっているせいもありますが
一番の原因は 日本に住んでいる一台湾人ですが

此処日本も 私の故郷なんて やっばりよくなってほしいからなのです

どこかからお金もらえるとかじゃないよ これは「気持ち」 「心」
ボランティアとかじゃないですが まぁ 自主的なことですね!!!

14:00~17:00を予定していた街宣ですが、
13:30から準備して、準備出来次第、始めて、
15:00の時点で署名用紙がなくなり、
天気も怪しくなり、子供達のことを考え
早めに 終了することになりました

会員の高橋さん 大変申し訳ございませんでした
街宣に寄ってくると聞いたのに 早めに撤収して 連絡もしないで

差し入れを持て会場に来ていた高橋さん!
本当に すみませんでした~~~~

皆様 いろいろ準備から当日の活動まで
お疲れ様でした&ありがとうございました

会員の皆様! 親台湾な関係者の皆さん
今後また活動がありましたら

ご支援、応援をよろしくお願い申し上げます!!

PS:「たちあがれ日本」から「尖閣守る」の幟を貸してくださいまして、
大変助かりました、本当にありがとうございました!!


              青森李登輝友の会事務局 阿貴


写真もご覧ください~


IMG_4154.jpg


IMG_4162.jpg
(左)「救う会青森」代表成田義人さん


IMG_4160.jpg
署名してくれた通行人の方々~

IMG_4157.jpg


IMG_4155.jpg
幟、いいですね~~~


IMG_4152.jpg
会員の八木橋さん

IMG_4149.jpg
(右)「青森李登輝友の会」菊池支部長さん
最初から最後まで、スピーカを使って、頑張りました!


IMG_4171.jpg


IMG_4170.jpg


IMG_4169.jpg


IMG_4167.jpg


IMG_4165.jpg
子供達も頑張りました~~


IMG_4163.jpg
署名してくれた皆様!ありがとうございます~~


IMG_4174.jpg


IMG_4176.jpg


IMG_4148.jpg
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。