background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
2006年12月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治的な目的で 平和の象徴「聖火」を汚すな 中国の『北京五輪の聖火「中台中」ルート』の妄想 阿貴

政治的な目的で 平和の象徴「聖火」を汚すな
中国の『北京五輪の聖火「中台中」ルート』の妄想


北京オリンピックの聖火リレーが台湾を通過するといわれています。それが実現したら、東京オリンピックのとき以来、40数年ぶりとなるので、楽しみです。

ところが12月11日の読売新聞は、「台湾をルートに組み込む案が挙がっている2008年北京五輪の聖火リレーについて、台湾五輪委の蔡賜爵副会長は10日、『香港、マカオも含めた中国側から台湾に直接入り、再び中国に戻るルートならば受け入れられない』とする立場を明らかにした」と報道しました。

続きを読む

スポンサーサイト

ウソの暴露に怯える中国覇権主義日本人はカイロ宣言に注目せよ 台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載)

ウソの暴露に怯える中国覇権主義
日本人はカイロ宣言に注目せよ


                台湾研究フォーラム会長 永山英樹

■中国覇権主義が最重要視するカイロ宣言

11月27日の産経新聞は、「20世紀の今日」の欄で、大東亜戦争中のカイロ宣言を取り上げ、「第二次大戦連合国側のルーズベルト大統領、チャーチル首相、蒋介石主席の米英中首脳がカイロで会談。この日(※1943年11月27日)、日本に対して無条件降伏を要求するなどの方針を決めた文書に署名した」と書いているが、実はこの「署名」はなかったのである。「署名」がなされたと言うのは、少なくとも中国が強調してきたウソであり、政治宣伝であることは間違いない。

続きを読む

台湾に公平な選挙はない-国民党に有利な社会的条件 [李 筱峰] (転載)

以下は「日台共栄」より転載です


http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成18年(2006年) 12月18日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★新しい日台交流にあなたの力を!!

3>> 台湾に公平な選挙はない-国民党に有利な社会的条件 [李 筱峰]

 12月9日に投開票が行われた台北市と高雄市の市長選挙だが、台湾にはその戦後史に由来する独特の土壌がある。選挙翌日の「自由時報」に、歴史学者で世新大学や国立台北教育大学でも教鞭を執る李筱峰教授がその点を衝いた論考を発表している。
 日本ではなかなか分かりにくい台湾独特の土壌を理解するための参考として翻訳掲載する。                                (編集部)
--------------------------------------------------------------------------------
台湾に公平な選挙はない-国民党に有利な社会的条件 [李 筱峰]
【12月10日 自由時報】

 選挙が終わり、私はマクロ的見地から台湾選挙の公平性について意見を述べたい。

 選挙環境の公平性を見ると、台湾は一般の正常な民主国家と極めて異なる。中国国民党が台湾に入ってから、台湾に公平な選挙が現れたことはなく、いわゆる「政党交代」後の現在に至るも、この状況に変化はない。長期にわたって、台湾の全ての選挙は、国民党に対して有利な選挙となっている。理由は簡単で、国民党は以下の通り、とりわけ恵まれて
いる条件を持っているからだ。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。