background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
2006年11月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やぶれてめざめる」のかー映画「男たちの大和」を見て青森日台交流会 阿貴

「やぶれてめざめる」のかー映画「男たちの大和」を見て

青森日台交流会 阿貴

二日前ビデオ屋さんで「男たちの大和」のDVDを借りました。この映画を見て、以下の感想があったのですが、書くべきか書かないべきかで悩んでいました。私は日本人ではないのに、簡単に「大和」のことを語っていいのか?軽率ではないのか?決してそのような気持ちはありませんが、私は悩みました。また多くの日本人は「日台共栄」のために、一生懸命台湾のことを考えている。なのに、私は自国の歴史も日本に来てから学んだ。日本の歴史は本当に分からない、知らなかった。この点については、深く反省しています。かつて50年間同じ国だった日本のことをもっと知りたいと考えるようになりました。そこで私は結論として、この映画を見て感じたことを書くことにしました。

続きを読む

スポンサーサイト

台湾人の悲哀と心声 青森日台交流会 出町 淑貴(阿貴)

以下の原稿は平成18年10月29日(日)に拓殖大学で行われた
第五回台湾文化研究発表会(主催・榕社)での私の発表原稿です。
尚当日は客家語で発表しました。

       青森日台交流会 出町 淑貴(阿貴)


テーマ 台湾人の悲哀と心声

(1)日本で知った台湾教育の真実

 1996年、台湾で日本人と台湾人が合同で経営している会社に入社し、2ヶ月ほど青森県に研修するために、初めて日本に来ました。初めての出国、初めての日本、何もかも新鮮でした。日本にはとても興味があったので、研修生活はとても充実していました。けれどもあることに気付きました。台湾で認識していた「日本」と、日本で認識した「日本」とは全く違う。なぜなら学校で教わった「日本人」の印象はあまりいいものではありませんでした。いわゆる「反日教育」です。日本は南京大虐殺に象徴されるような侵略国だと思ったのです。97年11月、日本人と結婚し、青森市で暮し始めました。本当の日本を知ったのは、それからでした。そして台湾の教育がいかにおかしなものであるかに気がつき始めました。南京大虐殺は中国人が着せた濡れ衣でした。私は自分が中国人であると教えられましたが、それ自体も誤りでした。

続きを読む

産経新聞への要請ー「カイロ宣言不存在」をおおやけに 台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載)

以下は「メルマガ台湾の声」より転載です。


産経新聞への要請ー「カイロ宣言不存在」をおおやけに


               台湾研究フォーラム会長 永山英樹

産経新聞(11月27日付)は「20世紀のきょう」の欄で、昭和18年11月27日の「カイロ宣言」を取り上げ、「第二次大戦連合国側のルーズベルト大統領、チャーチル首相、蒋介石主席の米英中首脳がカイロで会談。この日、日本に対して無条件降伏を要求するなどの方針を決めた文書に署名した」と解説しているが、ここには大きな間違いがある。この「文書」が所謂「カイロ宣言」だが、実際には三国首脳による署名は行われていないのである。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。