background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
2006年10月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾紙「自由時報」(10月24日)より。翻訳=日本李登輝友の会 

台湾紙「自由時報」(10月24日)より。翻訳=日本李登輝友の会 

台湾蓬莱米の父・磯永吉氏-手書き原稿が明らかに

【記者郭怡君/台北報道】「台湾蓬莱米の父」と呼ばれる日本籍教授の磯永吉氏は、日本統治時代以来、46年にもわたって台湾で仕事をしていた。彼が台湾大学農芸部に残した手書き原稿、調査記録、農業文献が2年前に台大図書館に寄贈されたが、最近、初歩的な整理を経たところ、その多くはアジア近代農業史に関する第一級の貴重な史料であることがわかった!

台大校史艦の張幸真研究員助手は、「磯永吉氏は台湾の水稲耕種を科学栽培の域にまで持っていったキーマンで、その調査地域は福建、海南島、そして東南アジアにまで及んでいた。台湾総督府農業試験所長と台大の前身である台北帝大の講座教授を兼任していたため、日本統治時代の総督府の農業関係の公文書は、みな台北帝大の彼の下へ送られて批准された。現在台大図書館に保存されている文献記録の多くは、世界でも唯一の正本という宝物だ」と指摘する。

続きを読む

スポンサーサイト

【論説】姉妹都市にも覇権を持ち込む中国人 アンディ チャン 

【論説】姉妹都市にも覇権を持ち込む中国人



      アンディ チャン


南加州オレンジ郡のアーバイン市で起きた姉妹都市騒動は6月末に
一応の治まりを得たが、最近になって再び中国の横暴な要求を許容
する民主党市長と民主党議員の提議で問題が再燃した。

今年の6月に起きた、アーバイン市と桃園市、そして新たに上海都
市の徐匯区と姉妹都市関係を締結する際に起きた問題はアメリカ各
地、日本でも報道された。これは市長が謝罪して収まったが、九月
になって徐匯区から「再考慮」の要求が出て、民主党員の市長と二
人の民主党議員がこれに応じる姿勢を見せたことから再び市民間の
抗議が相次いでいる。

続きを読む

馬英九の和平協定構想に騙されるな 台湾研究フォーラム会長 永山英樹 (転載)

馬英九の和平協定構想に騙されるな


              台湾研究フォーラム会長 永山英樹

国民党の馬英九主席は最近、米国のブルームバーグとのインタビューで、彼がもし2008年の総統選挙で当選を果たしたなら、2012年以前に中国との間で協議を行い、台湾が独立しないことと中国が台湾に武力行使をしないことを取り決める「両岸和平協定」を結び、台湾の安全を確保するとの意向を示した。また協議の前提としては、中国が台湾の対岸に配備する800基のミサイルの撤去を挙げている。

台湾が独立宣言を行わず、中国が台湾を武力攻撃しないとなれば、まさにこの構想は米国、そして日本がかねてから表明してきた希望通りのものである。おそらく両国では今後、彼のこの「平和志向」の姿勢を支持する声も高まるのではないだろうか。しかし忘れてはならないのは、馬英九が敗北主義であり、敗北主義にはつねに大いなる危険が伴うと言うことだ。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。