background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
2006年07月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はなぜ「日本よ、こんな中国とつきあえるか」を書いたか?林 建良 (転載)

【読者の皆様へ】「日中友好」という呪い

 私はなぜ「日本よ、こんな中国とつきあえるか」を書いたか?

(転送、転載歓迎)


 「日中友好」という言葉ほど滑稽なものはありません。あの言葉の本当の意味は、日本が中国に友好的でなければならないという片務的な義務のみで、その逆は成立せず、実際も存在しません。

 「日中友好」は中国が日本にかけた呪いなのです。その強烈な呪いで、日本は中国に従順的でなければならないように操られています。それだけではなく、道徳的にも常に中国より下位にならなければいけません。そして、中国に永遠に貢がなければなりません。

 不思議なことに、日本人がこの呪いから脱出しようとしません。それどころか、その呪文を大声で唱え、布教さえしているように見えます。小泉総理の靖国参拝中止を求める経済同友会の声明はまさにその象徴です。

 この不思議な現象を日本に来てから二十年近く眺め続けましたが、このままでいいのかとの思いでこの単行本を書きました。日本語で出した初めての単行本です。読んで頂ければ幸いです。



 平成十八年七月十五日

                    林 建良 拝


書名 「日本よ、こんな中国とつきあえるか」

 並木書房出版



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
スポンサーサイト

日本人は「日本精神」を取り戻せ 青森日台交流会  阿貴

2006-07-07 北朝鮮のミサイル発射 日本人は「日本精神」を取り戻せ                青森日台交流会  阿貴


北朝鮮は5日夕、7発目のミサイルを発射、他6発のミサイルと同様、ロシア沿海地方南方の日本海に落下した。このニュースについて、日本の各テレビ局は大いに関心を持っている。なぜなら、それは北朝鮮がミサイルを発射した事によって、一般の日本国民まで危機意識が高まっているからだ。こういうことでもないと、多分今まで通り、無関心の方は多いではないでしょうか。

拉致被害者家族達のこともそうですが、一概とは言えませんが、みんなが「気の毒だ」、「かわいそうね」と一言、二言を言いますが、実際自分と関係していないと、実に無関心である。北朝鮮の「拉致」は国際的な犯罪だ。一刻も早く解決すべきである。国は日本国民を守る義務がある。全面的に出て強く対応すべきであるけれども、しかしここでまた日本の美徳「見守る」という悪いところに邪魔されて、だからなかなか解決しないのではないでしょうか?

続きを読む

【論説】靖国反対の虚構  時局心話會代表 山本 善心 (転載)

【論説】靖国反対の虚構

                 時局心話會代表 山本 善心

 いよいよ8月15日・終戦記念日が迫ってきた。小泉純一郎首相が任期最
後の年を迎え、公約通りの8.15の靖国参拝を行うか否かが注目されるところだ。

 中国側はこの靖国問題で小泉首相に参拝中止を迫り、将来の首相にも
それを突きつけている。もともと中国は靖国神社に関心があったわけではないが、日本の内政問題に便乗すれば好都合だと判断し、日本の靖国反対派と連動して政治問題化させた。これは中国側に蔓延(はびこ)るナショナリズム、および貧困層の不満の矛先が中国共産党に転化したり、対日実利に影響するのを防ぐためだ。

 正攻法では敵わぬ経済大国・日本に対し、中国が東アジアで覇権を握るためには、繰り返し非難し屈辱を与えることで精神的に優位に立つ必要があった。靖国は中国が強国としての立場を誇示する格好の舞台であり、靖国非難は日本から見返りを求める最大の手段といえよう。日中首脳会談の拒否は中国に都合の悪い問題を避ける口実として利用した。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。