background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
2005年09月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平河総合戦略研究所講演会

平河総合戦略研究所講演会

台湾問題、中国問題といえば…この方、黄文雄先生をお迎えして、下記のとおり講演会を開催いたします。奮ってご参加ください。

■演題 今後の日中関係について…
■講師 黄文雄先生(拓殖大学客員教授、在日台湾同郷会常務監事)
  1938年台湾生れ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程終了。「中国の没落」(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。1994年巫永福文明評論賞、台湾ペンクラブ賞受賞。東アジアの政治、経済、社会、歴史などあらゆる分野における鋭い洞察力と分析力は高く評価されている。主な著書に「中国こそ逆に日本に感謝しなければならない9つの理由」「日本人が知らない日本人の遺産」「それでも中国は崩壊する」などがある。
■日時 10月2日(日) 午後1時30分~4時まで
■場所 学士会館(神田錦町)東京都千代田区 神田錦町3-28 TEL:03-3292-5931

【交通】
地下鉄 都営三田線/都営新宿線/営団半蔵門線 神保町駅(A9出口) 徒歩30秒
  地下鉄 営団東西線 竹橋駅 徒歩5分
  地下鉄 営団丸の内線 御茶ノ水駅・淡路町駅 徒歩12分
  JR 総武・中央線 御茶ノ水駅・水道橋駅 徒歩12分
  地下鉄 営団千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩10分
  タクシー 東京駅北口 約10分
■会費 一般=3,000円 / 学生=2,000円 / 平河総研特別会員=1,000円
■定員 80名 (申込み先着順)
■お申込 info@hirakawa-i.org 宛て
スポンサーサイト

世台會》年會在澳洲漂亮開成邱垂亮(漢文)

文章声明 2005-08-18

年列 | 作者
《世台會》年會在澳洲漂亮開成

邱垂亮
 
 32 屆世界台灣同鄉會聯合會年會,8月12日在澳洲布里斯本召開,8月14日閉幕。三天的大會隆重、順利、有內容、有光彩、有歡樂地召開,讓我們雖仍感覺生為台灣人的悲情,但也深感作為台灣人的尊嚴、驕傲和快樂。出席年會、來至世界各地的400多位台灣同鄉異口同聲,都認為這是一次非常成功的世台會年會。

 年會召開前風風雨雨,錢也不多,人也不夠,很多人不看好,甚至看壞。澳洲台僑生態又怪異,並不適合開世台會的會議,很多同鄉避之唯恐不及,要他們共襄盛舉,很難。同鄉會承障Q這次大會,獨木署蝗C重擔子壓扁人。在同鄉會前兩任和現任會長領導下,理事們團結一致,都署x命做事,充滿台灣心、台灣情,還有一股只許成功、不許失敗的使命感,非把大會開成、開好不可。這批理事和志工們不僅日夜工作,還像與會同鄉一樣恕ロ付同樣的註冊費參加年會,一點特殊待遇都沒有。

 會議的重頭戲有兩個。一個是開幕典禮,四百多位同鄉與貴賓集聚一堂,向澳洲人民與政府暑倥゚,讓他們注意到我們的存在、不平、鬱卒。澳洲人民要聽到我們的聲音,也許有困難。不過,專業與技術教育部長Gary Hardgrave(代表澳洲總理)、衛生部長Stephen Robertson(代表昆州州長)、布里斯本市長Campbell Newman、聯邦國會議員Craig Emerson(代表澳洲工黨),在典禮上致了詞,他們都肯定台灣民主化的成功、人的自由與人權的重要性,並認為澳洲應該對台灣有較公平、合理的待遇。所゚外,國會議員、州議員、布城市議員多人,出了席。他們都清楚聽到了同鄉對澳洲向中國傾斜的不滿和抗議。ABC 電台也訪問了大會召集人,報導了世台會年會的中心議題。

 所゚一重頭戲是陳水扁總統經過視訊會議向大會演講。這個演講不僅費錢還科技難掌握,會出狀況,怕人破壞,大家提心吊膽,一直到視訊會議順利完成,台北總統府打電話來說阿扁總統很滿意,才鬆了一口氣。總統半個小時的演說,重覆他最近提出的台灣民主發展歷史觀、「中華民國四段論」、「中華民國是台灣」、「一個原則、三個堅持、五個反對」等論述。他樂觀地認為,「兩岸猿聲啼不住、輕舟已過萬重山,回想世台會成立32年以來的歷史,其中的艱難和挑戰就好像一棧又一棧的高山,只要我們始終堅持站在歷史最正確的一邊,不管在發展的過程中有多少不同的聲音,台灣人民希望能夠當家做主的願望,就好像順流而下的小隻船,任何東西都無法度來阻書C,一定能夠順利來實現暑R守護台灣的心願與理想」。有人對阿扁的說詞並不滿意(沒有像「一邊一國」的重話);但大家對他憂國憂民、身負沈重歷史責任、為2300萬台灣人民的生死存亡、自由民主著想的苦心、憂心、用心,深深感動。

 其他,台灣的張清溪教授、黃天麟國策顧問和羅志明立委、日本的林建良(李登輝之友會顧問)和黃文雄教授(大作家)、國的盧榮杰博士和我作了專題演講,都內容豐富、深入淺出、非常精彩、動人。大會晚會「台灣之夜」的演出,除了昆斯蘭青年管弦樂團外,大都是就地取材,本地的業餘藝人,歌唱得好,舞跳得美。幾曲台灣歌曲(黃昏的故鄉、四季紅、暑R們的母親叫台灣、天頂的星、思慕的人),唱得淒美動人,同鄉聽得淚留滿臉。同鄉會理事自編自導自演的短劇,更是令人噴飯,也令人省思。值得一提的是,「台灣之夜」是由昆斯蘭大學台灣學生會負責演出的。

 魏老上イ為5、6百人煮的台灣小吃、午餐便當,讓同鄉們吃得津津有味、讚不絕口。陳文璋負責的接待工作,非常辛苦困難,但他和他的團隊把煩亂的接機、送機工作做得有條有理。負責資訊、視訊、攝影工作的葉鎮洲和黃連星,日夜忙碌,提心吊膽,苦死了。當然最辛苦的總務組、秘書組工作,在沈香錦、柯文耀領導下,人少事多、事雜,但柯文耀的「So far so good!」一直沒停口,一直沒有破功,真不容易。同鄉會兩位前會長陳文龍和楊進吉,都身負重任,無怨無悔,默默苦幹,日夜打署x。

 幾位榮譽顧問、陳博文、盧永吉等出錢也出力。更有同鄉出錢但不出名。如果沒有一位大老上イ的出大錢,這個會會開得更辛苦。總之,這個海外台灣人最重要的集會,備受各界注視,先天條件不足,後天也有太多失調的地方,障Q起來實在千辛萬苦,讓我們苦不堪言;但台灣人的牛勁,就是不信邪,不甘願,台灣悲情何其多?我們為什麼要默默忍受?這口「台灣受盡欺負」、「世界孤兒」的烏氣實在嚥不下去。再苦再難,我們就是要把世台會的布里斯本年會障Q成、障Q好。天佑台灣!我們障Q到了。障Q得漂亮、好看。真的,令人感覺作台灣人,這樣死也才會瞑目。

謝雅梅先生の講演と屋形船納涼+花火鑑賞の誘い

謝雅梅先生の講演と屋形船納涼+花火鑑賞の誘い

波の音、風の香り、季節のうつろい・・・日本文化、経済の中心「東京」の街も、屋形船でいつもとは違う場所から眺めると、きっと窮屈になっている自分に気づかれることと思います。今回怡友会とジュニア会は留学生や2世達と親しみの為に、謝雅梅先生を囲んでお話しを聞き、美しい東京の夜景を眺めながら、旬のお料理をお召し上がりいただき、ディズニーランドの花火を鑑賞し、楽しいひとときを過ごしたいと思います。もちろん日本人の方も大歓迎です。




【日期】 10月2日(日曜日)
【講師】 謝 雅梅 先生
  19 ××年桃園生まれ、拓殖大学大学院商学研究科修士課程終了、エッセイストであり、教師・学生、歴史研究家でもある。著書:『台湾人と日本人』(文庫本もあり)、『日本に恋した台湾人』(注;絶版)、『台湾論と日本論』、『いま日本人に伝えたい台湾と中国のこと』、『台湾は今日も日本晴れ』。訳書:『大華僑伝・台湾の松下幸之助・王永慶』
【演題】 「日本留学生活あれこれ」
  「恋する台湾・恋する日本」、謝雅梅先生は一人の留学生としていかに日本で見つけた台湾心そして自信を台湾と日本の掛け橋に献身し、いかに自分の弱さを乗り越えて留学生から日本の出版社へ就職、そして作家、講師へと歩んでいく経験、その他に先生の日本観、台湾観などの話を中心にお話したいと考えています。留学生には何かの示唆および参考になれれば、何よりも嬉しいことと思います。
【集合時地】 18:00晴海月島桟橋

交通:
都営大江戸線「勝どき駅」下車A3出口徒歩5分
  都営バス「晴海ふ頭」行き「晴海3丁目停留所」下車徒歩5分
【行程】 18:00月島桟橋集合
  18:30屋形船出航
   →お台場(謝雅梅先生講演約1時間)
   →食事、飲み放題
   →ディズニーリゾート沖(カラオケとお花火鑑賞)
  22:00月島桟橋解散
【費用】 学生¥ 5,000(40名まで締め切りさせていただきます)
  大人¥10,000(定員まで打ち切り) なるべく早めにお申込みください。
【申込先】 Fax0297-45-6750(游)
  E-Mail:akasato@iinet.ne.jp(中里)
  当日連絡電話080-5388-1488(中里)
【主催】 怡友会(中里憲文会長)
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。