background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
林建良氏 論説 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書籍紹介】【激論ムック最新号】ついに一線を越えた高金素梅

【激論ムック最新号】ついに一線を越えた高金素梅

激論ムック・最新号「迷走日本の行方」より転載(書店販売中)

    「台湾の声」編集長 林建良(りんけんりょう)

 2009年8月11日、原住民枠で選出された台湾の国会議員
高金素梅やその配下が、土足で靖国神社の本殿に登り、ハンド
マイクで「先祖の霊を返せ」と騒いだ。この不埒な行動を阻止
しようとする老齢の守衛がもみ合いの中で軽傷を負ったが、
一行はこの犯罪行為を日本政府に追及されることもなく、抗日
勝利宣言までした。その直後、高金素梅は北京に行き、胡錦濤に
「台湾少数民族による外来侵略勢力への不撓不屈の闘争」と称え
られた。

 日本人が中国の慰霊施設でこのような騒ぎを起こしたら、ど
うなるのか。中国からなんの咎めもなく意気揚々と日本に戻れ
るのか。日本政府になんの抗議もなく、外交問題にも発展しな
いですむのか。これは絶対あり得ない。中国だけでなく、どん
な国でも慰霊施設で狼藉するような行為は到底許されることで
はない。しかし、世界の常識ならあり得ないことが、日本では
現実に発生したのだ。

●まず、高金素梅とは何物か。

その名が日本で知られるようになったのは二〇〇二年だった。
靖国神社に「先祖の霊を返せ」と抗議したことをNHKが大々
的に報道したことをきっかけに注目された。その翌年、彼女は
靖国神社とそこを参拝した日本の首相を相手に「苦痛を与えら
れた」として訴訟を起し、日本のマスコミが「反靖国台湾国会
議員」を扇情的に取り上げたお陰で、彼女は一気に有名になっ
た。

 今や反靖国のシンボルになった彼女は二〇〇二年まで、靖国
神社の「や」の字も知らなかった。靖国問題という政治テーマ
を教えたのは日本人たちであった。靖国神社に無知だった彼女
が、日本の左翼の誘いに飛びついて反靖国活動を開始したのだ


 高金素梅の母親は台湾原住民のタイヤル族だが、父親は戦後
台湾渡ってきた中国人の軍人である。中国人の軍人は台湾人を
大量に虐殺した一九四七年の二二八事件の加害者としてのイメ
ージが強いため、台湾人に嫌われている。彼らは中国人意識が
強く、人生の大半を台湾で過ごしながら、台湾人ではなく中国
人であると強く主張している。そのために台湾で生まれ育った
彼らの子供たちも、高金素梅のように台湾人としての意識は薄
く、中国人としての意識が強烈だ。

 高金素梅は高校卒業後、すぐ芸能界に入り、タレントとして
活躍した。しかし、芸能活動よりもスキャンダルが彼女を有名
にした。数々の不倫騒動からスキャンダル・クイーンのあだ名
をマスコミに付けられ、しばしばワイドショーや週刊誌のタネ
にされた。今回も政治家との不倫騒動の真っ最中での来日であ
った。

 タレント時代の彼女は、「金素梅」の名前で芸能活動を行い
、中国人だと自分のことを強調していたが、比較的に当選しや
すい原住民枠で立候補するため、彼女はタイヤル族である母親
の苗字「高」を加えて、高金素梅としたのである。

 今回の騒ぎの企画立案者でもある高金素梅の側近の張俊傑は
中国との繋がりが深く、台湾を中国に併合させることを目的と
する組織「中国統一聯盟」の前幹事長でもある。張氏は以前か
ら、原住民を中国に送り込んで中国の政治イベントに参加させ
たり、台湾原住民に「統一思想」と「中国人意識」を植え付け
るなど、明らかなる中国の協力者である。こうして原住民の身
分を利用して起こした一連の「抗日騒ぎ」は、タイヤル族のた
めではなく、ましてや台湾のためでもない。それは彼女を利用
した親中反日左翼の新たな手口であるのだ。

●台湾を利用する中国の「抗日迂回戦略」

 胡錦涛政権は江沢民時代とは違って、微笑外交で日本に接近
するよう方針転換をした。実際、胡錦涛に強い影響力を持つと
される時殷弘・中国人民大学国際関係学院教授は、「対日接近
は最も必要であり、中国の安保、外交環境の改善に価値ある『
迂回戦略だ』」(『戦略と管理』二〇〇三年二月号)と述べて
いる。対日接近を「迂回戦略」と考えているのだ。高金素梅のような「反
日台湾人」を利用して靖国と歴史のカードを切り続けるのもそ
の一環だ。反日の基本路線に変更なしと言うことだ。

 中国は、周辺諸民族を支配下に置かなければ、満足する国で
はない。その長年の悲願とは一度も支配下に置いたことのない
「東夷日本」を完全に支配することだ。日本に仕掛けている中
国の全面戦争の兵器は、核ミサイルや日本領海でうろちょろし
ている潜水艦だけでない。日本人が理解しなければならないの
は、日本内部の親中左派勢力こそが日本の国力と財産を根こそぎ奪い取る
中国の尖兵だということだ。一連の靖国問題を「台湾人」に関
与させ、手引きしてきたのが日本人であることも、その象徴的
事例なのだ。

●親中左派の跳梁と保守の無能

 日本の親中左派勢力は確実に戦果をあげつつある。民主党親
中左派政権の誕生も、最たる戦果と言えよう。裏返してみれば
、これは保守派のだらしなさの証明にもなろう。親中左派が中
国と連携して教育、マスコミ、芸能界、労組に手を伸ばしてい
ることを座視しているのではないか。更にひどいのは、自民党
保守政権も中国に媚びていたことだ。安倍、福田、麻生政権が発足当初か
ら靖国神社参拝しないと言明したのも、媚びの心理が働いてい
たと言える。そもそも国の為に犠牲になった英霊を慰めるかど
うかを、外国の顔色をうかがって決める必要がどこにあるのか
。自民党政権内部に蔓延るエセ保守は親中左派以上に中国に媚
び、極秘情報まで売り渡すという無様な事態になっている。

 中国の対日内政干渉には、絶えず日本国内の左翼グループが
援護射撃を行ってきた。その結果、中国の代理人となった親中
左派が各界に盤踞し、内部から日本を崩壊させられるほどの力
を持つようになった。台湾にも原住民を反日の尖兵にして靖国
に代理戦争を仕掛けることは、攻撃力を増強しながら、台湾と
日本を離間させるという一石二鳥の戦術でもあるのだ。そのような内外か
ら挟み撃ちのできる態勢はほぼ完成に近づいている。手を汚さ
ず、日本を落城させる戦略の端倪は、この高金素梅による騒ぎ
でみることができる。

●思想のない親中左派思想

 左派思想とは、公よりも私を優先させる自由と人権を擁護す
る思想であるはずだが、戦後日本の左派は、元々自由人権と個
人の権利が保障されている日本で人権思想や個人主義を吹聴す
る一方、中国の一党独裁や専制統治になんの異論も唱えていな
い。靖国に執拗に攻撃していることも然り。反戦と訴えながら
、過去の軍国主義に攻撃しておきながら、現在進行中の中華覇権軍国主義
に目をつぶっている。彼らの運動は本質的には中国に対する事
大主義だけなのである。事大主義に走ること自体、すでに彼ら
が権力志向になっていることを意味しよう。つまり、日本の左
派とは左派思想のない左派で、日本という国を崩壊させるだけ
を目的としているのだ。しかし、これほど空疎な思想に基づく
勢力に連戦連敗の保守もどうかしている。

●酷似する日本の「反日」と台湾の「反台」

 実を言えば、国の裏切者や、それを放置する国民と、それを
後押しするマスコミの存在など、日台両国の社会状況は極めて
似ている。日本の「反日」と台湾の「反台」の両勢力は、思考
、行動パターンがほぼ同じだ。どちらも、よく似た戦後思想状
況の落とし子なのだ。戦後、日本では祖国否定の思想によって
学界、教育界、マスコミが支配され、日本肯定思想は異端視され、罵倒さ
れてきた。台湾では二十年間続いた李登輝・陳水扁台湾人政権
でも蒋介石によって台湾に持ち込まれた台湾軽視の大中国思想
を抹消することができなかった。

 高金素梅をここまで大胆にさせたのは、もちろん背後にある
中国の存在であろう。しかし、もっと深く考えれば、中国に対
する媚びが日本全体に蔓延しなければ、果たしてこれほど不埒
な行為ができたのかとも思う。日台両国の愛国者が、喜んで中
国のコマを演じる彼女を批判するのはもっともだが、自らの戦
略的錯誤も反省すべきではなかろうか。

*************************************************


【激論ムック・最新号】「迷走日本の行方」

書店販売中、


オークラ出版

内閣支持率70%?!死に至る日本の病と新政権

◎口絵カラー 日本の現在。カオスの淵から見えるもの 2

◎緊急特別座談会
STOP!日本解体計画―抵抗の拠点をどこに置くのか 
城内実×小林よしのり×三橋貴明×西村幸祐 6

◎追悼、中川昭一氏。誰が政治を殺したのか? 西村幸祐 28

◎総特集1
失われた日本人の座標軸

世界は新政権をどう見たか 島田洋一 32
米中接近と「東アジア共同体」という幻想 藤井厳喜 35
中国の「今」と日本の迷走 宮崎正弘 40
政権交代で揺れる沖縄の防衛 恵隆之介 44
「台湾=生命線」を忘れた日本人 永山英樹 48
ついに一線を越えた高金素梅 林建良 52
キューバ革命から見た、迷走日本 奥村篤信 57
民主党・対北政策への不安と期待 増元照明 65

◎特集1 「日本人のもの」でなくなる日本

どんどん広がる偽装認知 桜井誠 70
移民政策のツケに苦しむフランスを見よ 但馬オサム 77
国籍のありがたみを忘れた日本人 石平 82
中国人留学生というトロイの木馬 有門大輔 86
赤い十字架の恐怖―韓国キリスト教の精神侵略 若杉大 90
朝鮮通信使イベントを警戒せよ 但馬オサム 96
◎特集2 メディアが死守する戦後レジーム
平成の秩禄処分という見方 高山正之 100
「新世紀のビッグブラザーへ」の世界へ進む日本 三橋貴明 108
敢えて自民党の下野を歓迎する 岩田温 115
これからのメディアに問われるもの 水島総 122

◎column ある二等陸佐の嘆き  若杉大 126


◎総特集2
民主党内閣の恐怖

迷走&暴走する民主党新政権 花岡信昭 130
私は民主党の国家解体政策を許さない 土屋敬之 136
女流国防論第11回 北沢大臣の着任先は『敵地』なのか 桜林美佐 140
既に鳩山民主党も中国の手に堕ちたか 山村明義 144
民主党の日本解体法案の真実 水間政憲 148
首相官邸異状あり  阿比留瑠比 152

◎column
支那げしの花・アグネス・チャンに「白い靴下は似合わない」 鉄幹ばなな 156
まだいたのか、田中真紀子! 詠清作 158

◎好評連載
匿名コラム 天気晴朗(伍)滑稽に踊る哀れなゴマメ太郎 160
思想の誕生第11回 「神の国」アメリカ 「神の国」日本(一) 西尾幹二 161
21世紀からの思索第11回 

早くも訪れた民主党の落日―矛盾だらけの「社民」政権 西部邁 170
情報の考古学第10回 変革の思想が問われていた時代(その3) 西村幸祐 178

ネット言論多事争論第11回
 
激震が走った芸能界とスポーツ界 宮島理 182

知垢庵夜話第11話 ミユキ・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド 但馬オサム 186
書評コーナー 190
編集部からのお知らせ 194
執筆者プロフィール 198





『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html



『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)



スポンサーサイト

【岡田充論文】共同通信の元台北支局長の「NHK抗議」批判の幼稚さ (転載)

【岡田充論文】共同通信の元台北支局長の「NHK抗議」批判の幼稚さ (転載)(21.7.18)

       「台湾の声」編集長 林 建良(りん けんりょう)

共同通信の元台北支局長である岡田充氏が、「JAPANデビュー」への抗議運動を批判している。「21世紀中国総研」のサイトにある「NHK叩きは馬批判の代償行為」という論文がそれだが、この人は本当に元台北支局長であろうか。

論文からいくつかの問題ある部分を引用しよう。

<無視したいのが本音だ。しかし、日台関係になると決まって「親日」「反日」という不毛な二元論に、議論は空回りする。我々の思考を覆う二元論から解放されねばならない>。

台湾人として「親日か反日か」は重要ではない、重要なのは、NHKの特番の内容が事実かどうかである。捏造した歴史は台湾人への侮辱以外のなのものでもない。だからわれわれ在日台湾人は、あの番組を非難しているのだ。

<まず挙げねばならないのは、李登輝・陳水扁の「非中国化」を目指す政権に代わって、中国との関係改善と協調を主張する馬英九政権が登場したことである。台湾の旧政権と日本の保守勢力は冷戦終結後、強大化する中国を「仮想敵」に、日台協力を戦略的な地位に高めようと努力してきた。それはある程度奏功した>

「仮想敵」? それは岡田氏の幼稚さを物語っている。ミサイルを向けてくる相手は「仮想敵」ではなく、「敵」なのだ。

「台湾の旧政権と日本の保守勢力は・・・日台協力を戦略的な地位に高めようと努力してきた。それはある程度奏功した」といっているが、まるで日本(保守派をのぞく)が第三者であるかのような書き方だ。これは左翼特有の現実無視の姿勢そのもの。当事者意識の欠如がそのまま表れている。

<今回の騒ぎで、日本の李登輝ファンが作る「日本李登輝友の会」の岡崎久彦、中西輝政らが、NHKへの抗議文の冒頭「私どもは台湾を『日本の生命線』と位置づけ」と書いていることをみても、日台関係を戦略関係と考えていることは明白だ。そしてその関係を支える精神的支柱が、台湾の「親日幻想」である>

「親日」を「幻想」だと断定する岡田の悪意を感じる。一つの国が特定の外国に特殊感情を持つのは自然のことで、それを一々けなすのは、よほど台湾の「親日」が面白くないのであろう。

台湾国内に「反日」の要素も存在していることを理由に「親日」を「幻想」と断定するなら、「親日」「親米」など言葉はそもそも存在しなくなる。

日本李登輝友の会などが持っているのは「親日幻想」などではない。台湾の戦略的重要性を認識し、台湾を引き続き友好的な存在として守りたいという、日本の国益を重視した上での現実的な視点なのだ。

<経済至上主義の下で、「世界の一流国」入りを果たした日本は、冷戦終結後「失われた20年」に入る。新しい国家目標を設定する上で手っ取り早いのは、戦前の日本のアジア侵略と植民地政策を正当化し、それを基礎に疑似ナショナリズムを構築することである。

これもまた岡田の浅薄さを露呈するものだ。現在の日本の国家的危機を見ようとせず、台湾への接近を植民地支配を正当化する疑似ナショナリズムと断罪すること自体、現在の視点を欠いている。

台湾人からみれば、岡田氏は自己責任を放棄して恥じない現代日本人の典型である。

<追い詰められた彼らが番組を「親中反日」と叩いたのは、新政権誕生以来味わってきた喪失感を埋める格好の標的だったからだ。NHK叩きは、馬批判ができない彼らの代償行為ではないか>

そのような低レベルの問題ではない。これも自分の幼稚さを他人に投射したがる岡田氏の知的レベルの低さの証明だ。

再度強調するが、NHKへの批判はその歴史捏造とその背後に存在している勢力に対する戦いである。青臭い文学青年的な呻吟ではあるまいし、「喪失感」などない。読んでいてこちらが恥ずかしくなる。

記事は続けて、台湾人の「親日」の理由について、台湾の世論調査を報じる朝日新聞の記事を引用する。

<「『経済力、技術力の高い国』が1位。次いで『自然の美しい国』『きまりを守る国』『豊かな伝統と文化を持つ国』などだった」と書き、「李登輝元総統に代表される、日本語教育を受けた70歳以上の高齢者世代の親日度が高いとされてきた。だが、『親しみを感じる』とした回答者は、20代が79%、30代が77%と、若い世代が最も親日的で、65歳以上は58%だった」としている。これから想像するに、若い世代が日本へ好感を抱く理由は、経済・技術力、自然など非政治的理由が多く、日本の植民地統治を評価しているわけではないことが分かろう>

岡田氏は台湾に三年もいながら、台湾に対する認識は不正確だ。若い人に親日度が高いのは、その大きな理由の一つとして、李登輝政権時代以来の教育で、国民党の歴史捏造を否定して、日本統治の歴史をより正確に直視するよう教えるようになったことがあげられるのだ。

<麻生首相は外相だった05年2月、国会答弁で「台湾の教育水準が高いのは、植民地時代の日本義務教育のおかげ」と発言したことがある。麻生発言に対し、陳水扁政権時代の外交部スポークスマンは「教育も植民政策の一環であり、目的は誰もが分かっている」と、植民地統治の正当化に反発した。これが「親日」民進党政権の植民地統治に対する公式見解である>

<このスポークスマン発言に「反日」のレッテルを張れるだろうか。むしろ自分の発言を、台湾人も受け入れるだろうという「親日幻想」に寄りかかる麻生の「おごり」がみえる>

台湾の現状を全く分かっていない。世代的に国民党の中国人化教育の影響濃厚な民進党を「親日」と断定することこそ、岡田氏の「親日幻想」だ。あれは「中華民国=中国」政府としての正式見解である。

次は、日本人が「親日」の代表と見る李登輝氏のことだ。

<いったい李のどこに「無条件で日本を愛してくれる」性格がみえるのか。うなずくわけにはいかない>

<国民党内のし烈な権力闘争を勝ち抜き、巨大な中国と駆け引きするには、「親日」だけでは生き残れない。李の場合、強大化する中国を「仮想敵」に、自分と台湾の「親日」イメージを戦略的に振りまいた成功例である>

こうした言葉自体が、中国人的でウソと悪意に満ちたもの。李登輝氏の日本的価値を評価してはならない左翼的本能で書いたものだ。

<番組は次のようなナレーションで終わる。「親日的ともいわれる台湾で、今も残る日本統治の深い傷。それは今後アジアの中で生きて行く日本が分かち合わなければならない現実。過去と向き合う中から見えて来る未来。150年前に世界にデビューしたジャパンの歴史が、私たち一人ひとりの明日を問いかけている」>

<日本統治のプラス面ばかりを強調する情緒的報道が多い中で、むしろバランスがとれたコメントではないか>

この番組のナレーションが台湾人には一番堪え難いものだった。なぜなら日本人にひどい仕打ちを受けながら、なお「親日」なのが台湾人だと聞こえるからだ。これが台湾人をバカにするNHKの一番許せないところだ。もし番組のいうとおりなら、台湾人が「親日」であるはずがない。

ところが岡田氏はそれを「バランスがとれたコメント」だと賞賛している。

<柯氏だけでなく多くの台湾人が評価するインフラ整備、教育について言えば、「教育も植民政策の一環であり、目的は誰もが分かっている」という前出の陳政権時代のスポークスマンのコメントを引用すれば十分であろう。いずれも台湾人のためではなく、日本のアジア支配の戦略基地作りが目的であった。ただしインフラは、世の中がひっくり返っても基盤はそのまま残る普遍性を持つ>

日本の台湾領有当時は、台湾人もまた日本国民であった。岡田の論でよれば、すべてのインフラは国民のためにあらずという結論にたどり着く。これは左翼特有の論理的欠陥である。

中国の視点、立場に立って、台湾を見ている。だから台湾の事実を故意に無視するかのように歪曲している。

要するに「JAPANデビュー」と同様、岡田氏は台湾を正確に語れない、そして平気で台湾を侮辱し、害を及ぼす「台湾論者」なのだ。

以下 岡田充論文全文

http://www.21ccs.jp/ryougan_okada/ryougan_04.html





『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

【連載】日本よ、こんな中国とつきあえるか(21) 台湾人医師の直言

【連載】日本よ、こんな中国とつきあえるか(21)
    台湾人医師の直言

(転送転載自由)

出版 並木書房(2006年7月)
著者 林 建良

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%88%E3%80%81%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%82%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%8B-%E6%9E%97-%E5%BB%BA%E8%89%AF/dp/4890632018/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1208414945&sr=8-1
第3章 台湾から見た台湾および台湾人 


6、靖国問題で台湾を反日国家に仕立てる中国の陰謀

●親中国勢力に支えられる高金素梅

 無所属の高金素梅を支えている主な政治団体は、前述した「原住民部落工作隊」である。この組織は原住民の権益を守ることが目的だと称しているが、その主要メンバーはきわめて中国に近い。「部落工作隊」の中心人物である陳明忠と張俊傑は、今回の靖国訴訟の原告にもなっている。陳明忠は過激派親中国左翼組織「夏潮」(China Tide)の前会長であり、現在も積極的に「夏潮」に関わっている。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。