background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
林建良氏論文 07.(日文) カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【戦争プロパガンダ】高金素梅に見る中国の宣伝戦  「台湾の声」編集長 林 建良(りん けんりょう)  (転載)

【戦争プロパガンダ】高金素梅に見る中国の宣伝戦

台湾人の目から見る中国の宣伝戦

        「台湾の声」編集長 林 建良(りん けんりょう)

(激論ムック・「慰安婦南京の真実」より転載)
   西村幸祐責任編集

             
●日本を醜悪な悪魔と仕立てる中国

 中国は日本に戦争プロパガンダを仕掛けている。だが残念ながら、それに気づ
いている日本人は少ない。正常な国であれば、国の広報は自国の良さをアピール
するだけで、よほどのことがない限り、他国ヘの批判を主力にすることはまずあ
り得ない。しかし、中国の外交宣伝戦は、日本に対する攻撃そのものが主力にな
っている。つまり、日本に対する戦争プロパガンダそのものである。

続きを読む

スポンサーサイト

【論説】北京五輪は台湾侵略の前夜祭だ 「台湾の声」編集長林建良(りんけんりょう)

【論説】北京五輪は台湾侵略の前夜祭だ

激論ムック 「誰も報じない中国の真実」より転載
(西村幸祐責任編集)
http://nishimura-voice.seesaa.net/

     「台湾の声」編集長林建良(りんけんりょう)

 五輪開催地選考中、中国政府が茶色の土に緑色のペンキを吹っかけて緑の芝生
に見せかける「緑化作戦」で五輪委員会を騙した。この欺瞞的な手口は、公平公
正という五輪精神とは逆行するものだった。その中国は北京五輪の開催時間を8
月8日8時8分に決めている。なぜなら、「8」は「発」の発音に近いからであ
る。「発」とは「発財」の略で、「儲かる」の意味。つまり、開幕早々から五輪
を金儲けの道具に利用しようと臆面もなくいっているようなものだ。これはまさ
に中国人的なえげつなさである。

続きを読む

【日本よ】幼稚化に歯止めをかけ、武の精神を回復せよ! 「台湾の声」編集長 林建良(りんけんりょう)

【日本よ】幼稚化に歯止めをかけ、武の精神を回復せよ!

平成二〇年二月号「月刊日本」より転載

       「台湾の声」編集長 林建良(りんけんりょう)

●「ディズニーランド化」は日本社会幼稚化の象徴だ

 私は日本の「幼稚化」を強く憂えている。最近、ある政治家から頂いたカレンダーに、タレントがやっている番組に出演したときの写真をデカデカと使っていた。政治家がタレントのレベルに合わせ、迎合的な発言をする現象は日本の幼稚化を象徴している。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。