background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
在台日本人が見た台中関係 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在台日本人が見た台中関係(10)筆者 Taipak,TAIWAN(台湾国台北市) (転載)

在台日本人が見た台中関係(10)

               筆者 Taipak,TAIWAN(台湾国台北市)

まとめ

これまで、母語が中国語(北京語)ではない福建、広東、広西、香港など中国華南地域やベトナムなどの、土着言語の使用状況と中国語の影響を台湾と比較しながら見てきた。

結果、台湾における公共空間での言語使用状況は、台湾諸母語も採り入れられるようにはなってきているが、中国と比較しても中国語が優先され過ぎているのでは、と思わせるものだった。

続きを読む

スポンサーサイト

在台日本人が見た台中関係(9) 筆者 Taipak,TAIWAN(台湾国台北市) (転載)

在台日本人が見た台中関係(9)

               筆者 Taipak,TAIWAN(台湾国台北市)

香港

1997年にイギリスから中華人民共和国に宗主国が移った香港は、香港特別行政区として、中華人民共和国の一部となったが、「一国二制度」の原則の下、中国大陸とは違う法律が適用されて自治が行なわれている。通貨も香港独自の香港ドル(HK$)が使われている。

続きを読む

在台日本人が見た台中関係(8)筆者 Taipak,TAIWAN(台湾国台北市) (転載)

在台日本人が見た台中関係(8)

               筆者 Taipak,TAIWAN(台湾国台北市)

ベトナム

国境を越えて、ベトナム側のモンカイ(Mong Cai/芒街)の免税店は「芒街免税店/CUA HANG MIEN THUE MONG CAI/MONG CAI DUTY FREE SHOP」と中越英の表記になっていた。モンカイの町へ行くと目に入ってくるのはベトナム語のローマ字の世界。モンカイのバスターミナルは「BEN XE KHACH MONG CAI」と書かれていて、看板を見てもベトナム語を勉強したことがない私は地名以外は意味がわからなかったが、発音は目から入ってきてベトナムの雰囲気を感じることができた。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。