background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
永山英樹氏 論説 漢文(05) カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾媒体曲解日本人友情  永山英樹(台湾研究論壇会長)

台湾媒体曲解日本人友情

                 永山英樹(台湾研究論壇会長)
                 [原文日文、漢文翻訳 林建良]

日本李登輝之友会的会員約50名於3月12日至16日間到台湾参加群策会李登輝学校的研修。 群策会排出包括李登輝校長的堅強講師陣容、研修課程中讓我們更理解台湾正名、制憲建国的重要性、也更堅定了学員們為台日関係貢献心力之決心。

只是我們感到不可思議的是、居然有台湾的某大媒体報導説「日本人只付自己的機票、其餘都由群策会負責」。這與事実不符的事、我不知道何以一個大報可如此信口開河。我們的旅費、住宿費、研修費、餐費都全額自己負担。事実上我們也都各自有工作、却仍請假來参加、為的只是我們愛台湾、尊敬李登輝先生。

14日、我們到台北市内参観。正好看到立法院前台聯的議員們以絶食行動抗議中国的反分裂法、我們甚為感動馬上変更行程、在遊覧車中臨時寫了声明文、到現場去支援此抗議活動、高声大喊「台湾万歳」以表我們支持台湾的決心。

随後、有家電視台対訪問我們、却只関心我們研修的費用従何処來。当晩回到旅館、又被服務生問到「経費是誰出的?」前年、來台北参加「9・6台湾正名遊行」的200名日本人也被某媒体以同様悪意地報導。

也許有不少台湾人無法理解、何以日本人要這麼熱心地自己出銭出力來支持台湾。我認為那是因為台湾人対自己的国家没有自信、才無法相信來自外国的友情。不然就是、台湾有些政党以金銭動員人参加集会、所以想像我們也是被以金銭動員來的。不管何種想法、都大々地傷害了我們的自尊心、而這同時更傷害了台湾本身。

去年秋天、筆者帯「台湾懐舊之旅」之旅行団來台湾。参加者多数是第一次來台湾的日本人、但当6天的行程結束時、此旅行団可説已変成「台湾支持之旅」了。因為参加者為台湾人親切心深深感動、也更同情台湾在国際上被孤立的處境。

我相信絶大多数日本人的親台湾感情、不含任何利害的雑質在内。此次的研修団可謂是日本親台湾派的精鋭。我們只想支援友邦台湾却反被誤解、我們仍然深愛台湾、但却也有幾許的落寞。(2005.3.18)


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文




スポンサーサイト

勇敢的台湾魂 2005-04-23 永山英樹 (漢文)

勇敢的台湾魂 2005-04-23 08:46:53
永山英樹
『台湾日報』(2005-4-13)「民意前線」轉載


靖国神社敬虔地奉祀着為日本而戦死的27869名的台湾英霊。如不是蘇進強主席的参拝、這些台湾英霊的存在幾乎已被遺忘。身為日本国民我感謝蘇主席的参拝、而最高興的也許\是這些台湾的英霊。

然而蘇主席一行返国的後、在機場被以高金素梅為首的一群人以野蛮的暴力方式抗議。高金素梅為了誹謗靖国神社居然声稱「日本人對原住民採取奪光、焼光、殺光的三光政策、由於三光政策殺戮行為、原住民人口在今天才成為少数、這是原住民無法成為台湾的主人最主要的原因」、高金素梅並強調「蘇進強不知道台湾歴史、也不為台湾人民所容」。此説法讓我覚得不可思議、與其説高金素梅不知歴史、不如説是在捏造歴史。

事実上当時的日本根本没有什麼所謂的「三光政策」、「三光政策」是二次世界大戦時中国人製造出来汚蔑日本的宣伝用語。在1905年的原住民人口有11万3千人、1934年時是14万8千人、1942年則増加為15万9千人。当時日本時代的原住民人口増加的歴史事実可以経得起任何検証的。日本領台時為確立治安、対以武力抵抗日本政府的台湾人鎮圧、当時因鎮圧而身亡的勇敢的台湾人ー包括平地人及原住民、在日本統治的50年間約為三万人、這的確是個歴史的悲劇、身為日本人我也為此感到心痛。

高金素梅又説、台湾人被強制上戦場。「強制」如果是指不想当兵而被強拉到軍隊、那麼可以説與当時的事実完全不符合。当時台湾的年軽人有不少人與日本人同様、以日本国民的身分志願従軍来保衛国家。尤其民族自尊心極高的原住民更以従軍為栄而且都是志願。当時的総督府甚至因為志願者過多而困擾。也因此台湾人日本兵無法原諒高金素梅 侮辱靖国神社的行為、因為這傷害了戦没者的名誉。

我並不想在此論歴史的是非、但我要為因為論向台湾同胞慰霊而遭誹謗的蘇主席説幾句話。比起蘇主席勇敢踏入靖国神社向台湾同胞慰霊的高貴情操、高金素梅為了演出其政治秀、而蹂躙台湾英霊、令人不歯。

蘇主席的参拝也譲許\多日本人知道、台湾人與中国人完全不一様。絶大多数的日本人受蘇主席的勇気及虔誠的心所感動。 因為蘇主席的参拝、日台間拉近了距離。也許\這才是中国人最受不了的地方。

最後謹向蘇主席表示衷心的敬意與謝意。

(作者為台湾研究論壇会長)



--------------------------------------------------------------------------------

台獨聯盟首頁

台灣e廣場
論壇留言板
台灣e廣場說明


台灣獨立建國聯盟 World United Formosans for Independence
網站(WUFI Web):
www.wufi.org.tw
www.taiwannation.org.tw
電子信箱 email: wufidata@wufi.org.tw
感謝您的光臨與支持。
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。