background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
宗像 隆幸氏 論説 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鄭南榕烈士の最も重要な遺訓は、台湾憲法の制定である 二〇〇七年四月一日 鄭南榕顕彰会会長 宗像隆幸

以下の文書はメルマガ「台湾の声」より転載です


鄭南榕烈士の最も重要な遺訓は、台湾憲法の制定である

        二〇〇七年四月一日 鄭南榕顕彰会会長 宗像隆幸

 早いもので、鄭南榕さんが覚悟の自決を遂げてから、もう十八年になります。私が鄭南榕さんに会ったのは、その前年の一九八八年のことでした。私に会いたいという鄭南榕さんを、張良澤さんが私の家に案内してくれたのです。

 台湾に自由で民主的な国家を建設するために、鄭南榕さんが優れたオピニオン・リーダーとして、また卓越したオルガナイザーとして大衆運動を組織し、果敢に国民党専制独裁政権と闘っていることは、私も良く知っていましたので、張良澤さんに通訳してもらい、台湾の民主化運動について、いろいろと話し合いました。その数カ月後に鄭南榕さんは、自分で編集発行していた『週刊自由時代』に許世楷さんが書いた台湾共和国憲法草案を掲載したことが叛乱罪容疑に問われ、それが自決に繋がったのです。

続きを読む

スポンサーサイト

なぜ、台湾の指導者たちは、台湾独立の意味を説明しないのか (転載)

なぜ、台湾の指導者たちは、台湾独立の意味を説明しないのか
   

                  アジア安保フォーラム幹事 宗像隆幸

 台湾の陳水扁総統が3月4日に行った演説で、「台湾の独立は、台湾住民の共通の理想であり、長期にわたる目標だ」と語ったことと、それに対して中国側は「武力を用いても台湾の独立を阻止する」という反応を示したことが、日本のテレビや新聞で報道された。

続きを読む

台湾を守るには、台湾憲法を制定する以外に方法はない  アジア安保フォーラム幹事  宗像隆幸 (転載)

台湾を守るには、台湾憲法を制定する以外に方法はない。

 アジア安保フォーラム幹事  宗像隆幸

 李登輝先生は、「無意味な統独論争はやめよう」と、提唱しておられる。私はこの提案に全面的に賛成である。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。