background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
台湾独立建国連盟 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機存亡のときを迎えた台湾と日本の役割  黄昭堂 (転載)

台湾独立建国聯盟HPより転載。作者は同聯盟主席。 
http://www.wufi.org.tw/
危機存亡のときを迎えた台湾と日本の役割

 
                           黄昭堂

                       2007年3月25日
                    日本李登輝友の会総会
                      アルカディア市谷

一 台湾の政治状況

12月に台湾立法委員の改選がおこなわれる。
先の憲法改正によって定員が半減し、現職立法委員(定員225)は来るべき改選
での落選者を含めると、半数どころか、三分の二近くの数が淘汰される。そのう
え、新たに小選挙区制と政党比例代表\の併用制をとることになるので、所属政
党を問わず各立法委員は戦々兢々として、公認獲得に血眼になるのは当然であ
る。目下のところ、最大の敵は、ほんらい同志であるはずのおなじ政党の立候補
予定者たちである。

続きを読む

スポンサーサイト

日本版「台湾関係法」私案が発表 台湾週報 2005-10-24

日本版「台湾関係法」私案が発表 2005-10-24 18:02:18
台湾週報
『台湾週報』2005年10月13日付けより転載
http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/05/051013b.htm

日本版「台湾関係法」私案が発表

 10月12日、東京財団が主催する研究発表会において、浅野和生・平成国際大学教授が「日台関係と米台関係」をテーマに講演し、日本版「台湾関係法」の私案である「日台関係基本法」を発表した。浅野教授は「1972年の日台断交以降のいわゆる『72年体制』からすでに33年が経過している。国内外の状況の変化に応じ、これを見直し、両国は新たな基礎を確立する必要がある」と指摘。米国の「台湾関係法」設立の過程について説明するとともに、日本版「台湾関係法」設立の必要性を強調した。

 同会議には日本の各界からおよそ200人が出席し、台日の重要な課題に対する関心の高さを示した。また、許世楷・駐日代表と陳鴻基・同副代表も同会議に出席した。浅野教授が提案した「日台関係基本法」は、台日がこれまで築いてきた経済、文化、その他各方面における密接な交流と友好を基礎とし、両国のさらなる交流促進を基本理念に掲げ、アジア太平洋地域の安定と繁栄の実現という共同目的において、日台が情報を共有することなどが盛り込まれている。

 浅野教授は「小泉首相は日本の歴代首相の中で、中国に対し最も明確に立場を主張する人物だ。首相は来年9月に退任することを宣言しているが、政府案にせよ、議員立法にせよ、いかなる形に関らず、この私案が小泉首相の任期中に成立し、これにより日台の交流関係がさらに強化されることを期待する」と述べた。東京財団では、この私案を同財団で発表されたその他の提案と合わせて、今月下旬にも小泉首相に提言することにしている。

 許世楷・駐日代表は「私は昨年代表に就任し、ただちに72年体制の見直しの必要性を説き、日本側の関心を呼び起こしたことは成功の一歩だったと思う。浅野教授の今回の提案は、その具体的な表われである。私案は台日交流の現状に合致しており、最も重要なのは基本理念を維持している点である。内容は必ずしも具体的ではなく、いささか抽象的だが、民間交流を維持し、現状を変更しないという点では日本側にも受け入れられる可能性は高い」と述べ、同案が台日交流の法的根拠の確立にプラスとなるとの見方を示した。

 浅野教授が提案した「日台関係基本法」私案は7条目からなっており、内容は以下の通りである。


日本と台湾との相互交流の基本に関する法律(略称:日台関係基本法)

〔目的〕
第1条 この法律は、アジア太平洋地域の安定と繁栄の実現のため、日本および日本人と台湾および台湾人との通商・貿易・文化その他の交流を発展させることを目的とする。

〔基本理念〕
第2条 ①日本および日本人は、台湾および台湾人に対して、より広範、密接かつ友好的な商業上、文化的その他の関係を維持および促進する。
     ②アジア太平洋地域における平和と安全の基礎の上に日本の外交が運営されることは、日本にとって政治、安全保障および経済上の利益であり、国際的に有意義である。

〔法律上の権利の保障〕
第3条 台湾人がわが国の法律によりこれまでに取得し、または今後取得する権利は、公共の福祉に反しない限り保障される。

〔情報の共有〕
第4条 アジア太平洋地域の安定と繁栄の実現のために必要と認めるときは、日本政府は台湾政府に対して必要な情報を提供することができる。

〔相互交流に関する事項〕
第5条 日本と台湾の相互において、それぞれ日本人および台湾人の身体、生命および財産の保護その他に関する事項、台湾人および台湾に在留する第三国人の日本への入国その他に関する事項、日本と台湾との経済、貿易、観光等に関する事項、並びに日本と台湾との学術、文化およびスポーツの相互交流等に関する事項は、財団法人交流協会と亜東関係協会との取り決め(1972年12月6日署名)によって処理するものとする。財団法人交流協会は、この取り決めを変更しようとするときは、総務大臣の承認を得なければならない。

〔台湾側機構〕
第6条 ①日本政府は、亜東関係協会およびその職員の申請により、亜東関係協会の日本における法人格の付与およびその職員の外交官に準ずる特権および免除の取扱いの措置を講ずることができる。
     ②前項の措置を講ずるにあたって必要があるときは、日本政府は、法改正の措置を講ずるものとする。

第7条 この法律において「亜東関係協会」とは、日本と台湾との相互交流に関する事項について権限を有する、台湾によって設立された亜東関係協会と称する機構をいう。



--------------------------------------------------------------------------------

台独聯盟トップページ

台独聯盟台湾e広場
メッセージを書き込む
台灣e廣場說明


World United Formosans for Independence(WUFI) Web-sites:
www.wufi.org.tw
www.taiwannation.org.tw
email: wufidata@wufi.org.tw

台灣自古不屬中國 台灣獨立建國聯盟

台灣自古不屬中國
雍正元年,憲皇帝即位,詔曰:「台灣自古不屬中國,我皇考神武(即康熙帝)遠屆,拓入版圖。... 」
--清‧魏源:【聖武紀略】的【康熙重定台灣記】
台灣古無人知,明中葉乃知之。
--清‧藍鼎元:【鹿洲文集】的【平台紀略總錄】
台灣自古不屬中國

最初領有台灣本島一部分的主權國家是荷蘭,其間,西班牙也領有過台灣的一部分。大清帝國雍正帝說「台灣自古不屬於中國,[清]皇考聖略神威,編入版圖」。建立中華民國,被尊稱為「國父」的孫中山主張「驅逐韃虜,恢復中華」,依據孫中山的說法,可以說清國並不是中國。1912年,中華民國成立時,台灣已經是屬於日本帝國的領土,並非中華民國成立時的領土,當然不得主張是中華民國的「固有領土」至為顯明。同樣的,1949年中華人民共和國成立時,台灣處於其統治之外,至今,台灣一直在中華人民共和國的主權之外,生存發展,所以臺灣並非中華人民共和國的「固有領土」。

蔣介石占領台灣與美國占領日本及南韓、蘇聯占領北韓及滿州(東北)、蔣介石占領北越相同,都是依據聯合國軍最高統帥發佈的一般命令第一號而來的。1950年6月25日,韓戰勃發為契機,27日美國總統杜魯門聲明台灣的「將來的地位的決定,要等到太平洋安全的回復,對日和平條約的締結,或聯合國的考慮」。1951年簽訂舊金山對日和約,並於次年生效。舊金山對日和約僅規定日本放棄台灣,沒有規定割讓給何國。又,此條約生效的數點鐘前,日本與蔣介石締結日華和約也僅引用同樣的規定,因而出現「台灣的法律地位未定論」的見解。中華人民共和國政府和中華民國政府都沒有受邀參加和平會議,而舊金山和約就簽署了。舊金山對日和約中,僅止於規定日本放棄台灣而已。到底割讓給那一國家,連對那一國家放棄也沒有決定。

毛澤東 在其1938年題名為《論新階段》的論文中,將臺灣人列為「臺灣民族」。1939年末,毛澤東及其同志,在延安共同著作而題名為《中國革命與中國共產黨》的論文也是將臺灣與朝鮮、緬甸等相提並論。於1928年,以做為「日本共產黨臺灣民族支部」而結黨並接受中國共產黨指導及援助的臺灣共產黨,由其綱領為「臺灣民族的獨立」、「臺灣共和國的建設」一事來看,可以說中國共產黨的臺灣政策,是朝著臺灣獨立的方向。這個政策至少到太平洋戰爭爆發之前並無變化。這一點,可從戰爭爆發那年,「臺灣獨立先鋒社」在中國共產黨的支持下,於延安成立的事實中窺見一二。

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。