background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
李登輝氏 論説 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李登輝前総統の愛知県支部台湾研修団への講話-日本がアジアのリーダーに 李登輝前総統 (転載)

李登輝前総統の愛知県支部台湾研修団への講話-日本がアジアのリーダーに

日本がアジアのリーダーに

                             李登輝前総統

 台湾の近代歴史は3つの時代に分けられる。1つは1895年から1945年まで。2つ目は1945
年から1990年まで。3つ目が1990年以降。

 第1の時代は、近代社会に邁進する時代。全身全霊で取り組んだ。1908年には鉄道建設、嘉南大[土州]の大農業地帯をつくり上げたのもこのとき。台湾製糖等の産業育成、司法制度の確立もなされた。1897年には総督府国防学校建設。文学・美術・音楽などにお
いて華僑の文化束縛から抜け出した時代である。教育大改革の時代、それまでは科挙の
制度。これでは数学も音楽も学ばず、近代化についていけない。

続きを読む

スポンサーサイト

台湾の李登輝之友会が靖国神社を参拝 マンゴーがお供え物の一つに (転載)

台湾の李登輝之友会が靖国神社を参拝 
   マンゴーがお供え物の一つに

(日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載)


 6月22日から来日している前総統府国策顧問の黄崑虎総会長を団長とする李登輝
之友会の一行が昨日午前、靖国神社に昇殿参拝した。

 靖国神社には先の大東亜戦争で戦歿した台湾出身者30,304名のうち27,864柱が
祀られている。李登輝之友会として靖国神社に参拝するのは初めてであり、黄崑虎総会
長をはじめ参加者の多くも初めての参拝だ。

続きを読む

李登輝前総統の外国人特派員協会におけるブリーフィングと質疑応答【4】 (転載)

以下はメルマガ「日台共栄」より転載です

李登輝前総統の外国人特派員協会におけるブリーフィングと質疑応答【4】

■質疑応答

◇記者:李氏の中国に対するチャレンジについて

◆李氏:今ね、私がチャイナにチャレンジをやっていると言われたけれども、一つもチ
 ャレンジなどやっておりません。
  私が総統時代において1991年に、国民党と共産党が内戦を続けていたのを、このよ
 うな状態では台湾と大陸における良い関係が作られるはずがありませんので、それで
 私は、内戦停止をやりました。この内戦停止と同時に北京政府に対して、「北京政府
 は有効的に中国大陸を治めています。台湾は台湾できちんとやりますから、お互いに
 良く付き合っていきましょう」と伝えました。

続きを読む

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。