background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。
林建良氏論説 03.(日文) カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■6.東アジア連合の戦略■続き2003.1-3

2003-10-29 11:42:54  No.4749

--------------------------------------------------------------------------------
■6.東アジア連合の戦略■

しかし特に日本人の考へは、中国人と違ふ点がもう一つあります。死生観、魂について、です。日本人は単に生きるだけでいいといふ民族ではないのです。日本人はいかに美しく生きて、美しく死ぬか。生きられるだけで満足するやうな民族ではありません。しかし、日本がもし自分でアジアに対して責任を果たさなければ、ずつとそのペットのやうな民族になる訳です。だから日本のアジアに対する貢献、いはゆる二十一世紀の大アジア主義といふものはどういふものか。それは強くなること。強くなつてどうするか。あるひはどうやつて強くなるか。まづ日本としての国家戦略を立てなければいけない。

どんな国家戦略かといふと、東アジア連合を作るべきなのです。東アジア連合をいふと、皆大東亜共栄圏を思ひ出す。大東亜共栄圏は侵略戦争の口実だと批判してゐる人もゐます。しかし、大東亜共栄圏もしくは当時の大アジア主義といふのは、今現在とはかなり違ひます。どんなに違ふかといふと、当時としては欧州、白色人種の植民地、帝国化、膨張主義に対する反抗なのです。当時のインドネシアはオランダの植民地になつて非常に苦しんだ。インドはイギリスの植民地になつて非常に苦しんだ。中国も同じなのです。だから当時の大東亜共栄圏といふ概念は、ある意味でアジアは一つだといふスローガンであつて、要は当時の悪であった帝国、白色人種の膨張主義に対する反抗なのです。

しかし現在は、恐らく中国の飽くなき膨張主義、膨張主義といつたらなにも軍事とか、資源だけではないのです。経済だつて同じなんです。中国は意図的に自分の為替を操作して三十数%も一気に下げて、見た目としては非常にコストを安くして全世界の資金をそつちに吸収する訳ですね。世界的なデフレ傾向は、中国と非常に関係してゐます。特に日本と台湾の産業空洞化、資金も行つたし、工場も行つたし、人間も行つたし。では何が残るのですか。行けない人が残るだけなのですよ。行ける人は全部行つたのだから。その中国が日本の産業空洞化を考へてくれるのですか。もちろん考えへてくれません。

だからその時日本はどうするか。東アジア連合をまづ作るのです。東アジア連合といふものは、そんな大それたものではないのです。現にEUというふ例があるのだから。EU、欧州共同体といふものはどういふものか。人的往来を自由にする。通貨を同じにする。




2003-10-29 11:43:21  No.4750

--------------------------------------------------------------------------------
■6.東アジア連合の戦略■の続き

だからその時日本はどうするか。東アジア連合をまづ作るのです。東アジア連合といふものは、そんな大それたものではないのです。現にEUというふ例があるのだから。EU、欧州共同体といふものはどういふものか。人的往来を自由にする。通貨を同じにする。サービス業の認証、資格を共通にする。この国で医師免許をとつたら、あの国に行つても医者になれる。この国で運転免許とつたら全欧州が回れるのです。通貨も一緒だから、サービス業も法律も規制はできるだけ抑へて、それによつて人的交流、資金的流通をはかれば、為替のリスクがなくなる。非常にチャンスが多くなる訳です。同じやうなことが何でアジアはできないのか。アジアはばらばらだから、アジアは非常にバラエティに富んでいるから、非常に所得も分散しているから、その通りなのです。だから難しい。できないことはない。

アジアの国々の中で、さういふ気持もあつて比較的に所得が近い、社会的体制の近い日本、韓国、台湾、シンガポールならできます。加へてアジアの一員にならうとしてゐるオーストラリア、ニュージーランドを一緒に入れれば、この五か国のアジアの先進国だけ。しかも資源は、オーストラリアにはたくさんあります。土地もたくさんある。補完的な効果があります。まづ意欲があります、一番大切な。しかし、意欲がないのは日本だけなのです。この提案は韓国もしたことがあります。もちろん韓国はいろんな問題を抱へ反日感情もあるのですが、もし日本から台湾に提案すれば、夜中でも飛んで来ます。




2003-10-29 11:43:36  No.4751

--------------------------------------------------------------------------------
■7.日台FTAの必要性を感じている人は多くいる■

私自身が経験した例を申し上げますと、二〇〇一年五月五日、私は現在の日本の副大臣、矢野哲朗さんをわが陳水扁総統に会はせた。その時、矢野哲朗さんは参議院の外交防衛委員長でした。それなりに外交のことに関はつていたのです。彼が陳水扁総統との話の中で、将来的に台湾と日本はFTAを結びませうよと。矢野哲朗さんから、陳水扁総統に提案したのはどういうことかといふと、日本全体は難しいから沖縄からでもやりませうよといふことでした。沖縄なら簡単かもしれません。二〇〇一年の五月五日、矢野さんはそういふやうに提案した。翌日の台湾の新聞に大きく報道された。

自由貿易地域に今FTAを結んでゐる国々は大体百以上あります。まあ一番有名なのは、ナフタといふ北米自由貿易地域、アメリカ、カナダ、メキシコ。日本とFTAを結んだ国はないのか。あります。シンガポール。シンガポールは人口三六〇万。ちつぽけな国で農業がないからやり易い。やり易い国から始めるといふことは悪いことではないですが、そこでとまるといふことは責任感がないのです。

要はそのやうな需要、そのやうな必要性を感じてゐる日本人も台湾人も多くゐるといふことです。この構想を出して進めていけばいいのです。まあ構想があつても政治家が動いてくれないと駄目だと、官僚が動いてくれないと駄目だと日本人は思ふ。実際さうなのです。では、我々はどうすればよいか。私はこの構想は、実は我々一人一人の運動によつて実現できるものだと考へてゐます。どのやうにすればいいか。一つは日本が自信を取り戻すことだと思ひます。具体的に日本の自信、日本のアイデンティティ、日本民族の魂をどうやつて取り戻すのか。それをお話しする前に、一つ紹介したいことがあります。




2003-10-29 11:43:56  No.4752

--------------------------------------------------------------------------------
■8.日本人が魂を取り戻すことを、非常に中国は恐れてゐる■

台湾人は親日感情が強いといはれてゐます。実際さうです。しかも日本植民地時代を経験した人間程親日感情が強い。要は日本人を知つてゐればゐる程、親日的なのです。何故台湾は親日的なのか。この親日感情の原点にあるのは、台湾人が憧れてゐる日本精神にあります。日本精神は台湾人が付けた名前なのです。日本では日本精神といふ言葉はないのです。我々は台湾語で「日本精神」を「ジップンチィンシン」といふのです。

「日本精神」とは、自分の利益よりも公の利益を優先させ、自分の伝統文化と自分の国を守る気概なのです。台湾人がその日本精神に憧れてゐるから親日的になつたのです。私は日本に来るまで、親父から日本はどんなに素晴らしい国かといふことをずつとずつと聞かされた。そこで、私は日本精神の原産国に行つてその日本精神を経験してみたいと思ひやつて来たのです。一九八七年から現在まで十五年経つてゐますが、残念ながら日本で日本精神をいくら探しても見当たりません。

台湾人は宝物だ思つて憧れてゐる日本精神は戦後の日本人によつて捨てられたのです。その日本精神の原点はどこにあるのか。難しいやうで簡単なのです。要は日本が異常に激しく攻撃されてゐる問題を直視すればいいのです。日本はどういふ問題で攻撃されてゐるのかといふことは、日本がどれだけ恐れられてゐるのかといふ問題でもあるのです。

それは、日本人が魂を取り戻すことを、非常に中国は恐れてゐるのです。その一番代表的な問題は、「靖国問題」であります。靖国問題は日本の気概、国を守る意志の象徴であり、日本の魂の問題なのです。自分の魂の問題は他国に伺ひをたてる必要はありません。日本民族の再生はまづ、その魂を取り戻すこと。それが日本民族のアイデンティティであり日本人の気概であるのです。それがなければいくら理屈をいつても、それは机上の論議に終つてしまふのです。

ではどういふことを具体的にやればよいか。ここまでくれば簡単です。もう靖国の論争はやめませう。もうやめよう。実行するだけ、参拝するだけ。全ての政治家に参拝するやうに要求する。参拝しない政治家は運動を起こして落選させる。二度と当選させないやうにします。それならできるのではないですか。票は皆さんの手にあります。こいつを落選させたいと思えば落選させられます。できなければ

2003-10-29 11:44:18  No.4753

--------------------------------------------------------------------------------
■8.日本人が魂を取り戻すことを、非常に中国は恐れてゐる■の続き

ではどういふことを具体的にやればよいか。ここまでくれば簡単です。もう靖国の論争はやめませう。もうやめよう。実行するだけ、参拝するだけ。全ての政治家に参拝するやうに要求する。参拝しない政治家は運動を起こして落選させる。二度と当選させないやうにします。それならできるのではないですか。票は皆さんの手にあります。こいつを落選させたいと思えば落選させられます。できなければ、それはもはや政治家の責任でも官僚の責任でもない。有権者の責任です。自分が魂を取り戻す勇気もなければ気概もない。だつたらそれは、日本がこれから先も無気力な国である続けることは仕方のないことです。

私は靖国問題は攻撃されればされる程、この問題の大切さを身にしみます。しかし日本人は靖国問題を避けてゐます。家庭の中でも話題にはならないし、学校ではなおさらなのです。皆タブーと思つてゐるのです。しかし攻撃する方は全然遠慮はしないのです。要は徹底的に潰したい訳なのです。幸ひにして日本人の魂は完全に消えた訳ではありません。その国民運動を是非、明治維新の発祥地である下関から起こし、そして台湾の方の国づくりにも参加して下さい。日本が強くなるといふことは台湾人にとつては絶対必要なのです。台湾が中国に併呑されないことも日本にとつては必要なのです。日本人も遠慮しないで同志と思つて台湾の国づくりに参加して頂きたい。そして我々もできることなら、その中国の膨張主義に対して日本と一緒に戦つていきたいのです。是非仲間になつて下さい。ご静聴有難うございました。




大和娘 2003-10-29 19:43:08  No.4771

--------------------------------------------------------------------------------
台湾人と連帯しましょう。日台連帯、これこそが反日マスコミに洗脳された日本人の自虐的な歴史観を払拭してくれる大きな鍵となると思います。日本人であることに誇りを持つ、こんな当たり前のことを自覚させてくれる台湾人。台湾を大事にしましょう。

Taurosのインターネット案内-5
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6000/surf05.html日本人に知ってほしい台湾史 42回-日台東京フォーラム(台湾リンク集の上記のサイトに貼ってあります。)http://home.att.ne.jp/red/dateasia/kako/taiwan42.htm世界最大のABS樹脂メーカー、奇美實業の許文龍(ウー・シンロン)会長が社員に訓話した内容をまとめたものを雑誌に掲載、そこから転載されたもの。この流れが、台湾の反日史観に満ちた教科書を変える事になった。許文龍氏は李登輝前総統の友人でもあるが、総統選挙では陳水扁氏を推した。台湾総統選挙を扱ったNHKスペシャルではストラディバリウスを弾く許氏の姿が印象的だった。

スポンサーサイト

林建良 2003. 続き1-2

2003-10-29 11:41:35  No.4745

--------------------------------------------------------------------------------
■4.お前達は誰も相手にしないぞ。うるさい。出て行け。■

SARSの問題に戻りますが、SARS感染台湾人医者の来日騒ぎで、日本政府の反応は立派でした。日本政府は厳しい口調で台湾に抗議し、台湾政府も、すぐに日本に謝罪したんです。これが本当の国のあるべき姿なんです。しかしSARSをつくつた中国に、日本政府が抗議したといふ話は聞いたことがありません。台湾人の医者が日本に来たといふことには猛烈に抗議しながら、中国には一番手厚く援助した。世界のどの国よりもたくさんの援助物資を中国に送つたんです。

台湾政府はWHО総会で、台湾はSARSで苦しんでゐるんですから情報を下さい、台湾にも関心を持つて下さいと言つたら、中国の副首相呉儀と元軍縮大使の沙祖康という人は、台湾の新聞記者等マスコミに対して「お前達は誰も相手にしないぞ。うるさい。出て行け。」と言った。その場面は、台湾のテレビで繰り返し報道されてゐました。それはよかつたんです。何故かといふと、それがまさに中国人の本質だからです。それから数日後、中国は台湾を援助したいのでマスクをいくらかあげるからと。一方では日本の援助を受けながら、では今度は台湾に援助でもしようかと。

まあ台湾の医療水準は、もし台湾の医療レベルをご存知であれば、中国は台湾と比べられない程低いですよ。台湾の医療レベルは極めて高いです。日本と比べても負けることはありません。だから台湾がその援助を拒否したんです。まあ背骨のある人間は、それを拒否するのが当り前なんです。それから中国は厳しく台湾を批判したんです。中国の反応はどんな反応かといふと、俺の酒は飲めないのかといふ態度なんです。台湾では、俺の酒は飲めないのかと絡んでくるチンピラはゐない訳ではないが、まづまともな台湾人は、さういふことはやりません。それは台湾と中国の違ひなんです。台湾人と中国人の違ひなんです。

中国は、SARSの問題につていWHОの調査も拒否し、情報の公開も拒否した。SARSが明らかになつただけで、もし明らかにならなければ恐らく隠し続けたと思ひます。中国人の密入国者をみればそれがよくわかります。中国人の密入国者はピッキングをやつたり、売春をしたりする。そして今、凶悪犯罪の半分以上を、中国人がやつてゐる訳です。中国はそれについて何を言つたか。どんな誠意をもつて対応したのか。中国人が目の前にゐるのに、




2003-10-29 11:41:55  No.4746

--------------------------------------------------------------------------------
■4.お前達は誰も相手にしないぞ。うるさい。出て行け。■の続き

中国は、SARSの問題につていWHОの調査も拒否し、情報の公開も拒否した。SARSが明らかになつただけで、もし明らかにならなければ恐らく隠し続けたと思ひます。中国人の密入国者をみればそれがよくわかります。中国人の密入国者はピッキングをやつたり、売春をしたりする。そして今、凶悪犯罪の半分以上を、中国人がやつてゐる訳です。中国はそれについて何を言つたか。どんな誠意をもつて対応したのか。中国人が目の前にゐるのに、中国政府は「いや、これは中国人かどうか確認できません。」と。要はもう関係ないんだから。というのが彼らの言ひ分なんです。あの鉄面皮が、恐らく日本人がまともに中国の相手をしようと思へば、もう脳梗塞で死んでしまふでせう。




2003-10-29 11:42:13  No.4747

--------------------------------------------------------------------------------
■5.中国といふ国は拡張し続けなければ生きていけない■

だからこれが問題なんです。しかし中国といふ国は拡張し続ける。拡張し続けなければ生きていけないんです。さうするとどういふ問題になるかといふと、中国は石油の輸入国世界第二位になつたのです。だから石油資源を欲しがる訳です。海底資源だけでも中国は充分紛争に成り得る。さうすると、今までシーレーン問題は日本だけのことのやうに日本人が考えてゐるが、シーレーン問題はこれから中国にも出てきます。中国の石油航路の保障、自国にとつての保障が必要になつてきます。海洋国家をめざす時、必ず出てくるのは紛争です。だからベトナム、フィリピンとも事を構へた訳です。

しかしこれだけだつたらまだいいんです。それから中国の環境汚染の問題。実際つい数日前に北海道で靄がかかつてゐたのです。それは中国からの靄のやうなのです。関西地域でも黄砂が飛んでくる訳です。中国人は木を植えないのです。中国人は木を切るだけなのです。何故かといふと、中国人は木を植えても自分が享受できないから、人が植ゑた木を切るのです。

中国人が台湾にやつて来た時、当時は台湾を日本が統治して五十年経つてゐて、後藤新平さんの都市計画が非常によくできてゐて、街並みは東京よりずつと進んでゐた。私が昔勤めてゐた病院の中山北路、両側の並木は、日本政府が植ゑたのです。未だに非常にきれいです。しかし、あらゆる所へ蒋介石の中国人兵士がやつてきて、それを切つてしまつたのです。何故切つてしまふかといふと、危険だからと。並木があつてなんで危険なのですか。いや、敵が後ろに隠れてゐるかもしれないから危険だと。中国人は、自然、緑を大切にするといふ概念はありません。それを切つて薪にするか、そのまま捨てるか。それが今の中国の砂漠化の原点なのです。

要は私が言ひたいのは、アジアの問題の源は中国なのです。北朝鮮なんかではないのです。北朝鮮は所詮チンピラ国家なのです。中国はそれを止めようと思へば、北朝鮮は何もできないのです。後ろの巨悪は中国だから。この中国の問題は、誰に頼んで解決してもらふのか。アメリカですか。今のところアメリカなのです。しかしアジアの問題は、アメリカに百%任せていいですか。アジア、台湾もさうなのですが、日本の利益はアメリカと百%一致しますか。もちろん一致しないですね。それぞれの家庭と同じやうに、国それぞ




2003-10-29 11:42:34  No.4748

--------------------------------------------------------------------------------
■5.中国といふ国は拡張し続けなければ生きていけない■の続き

要は私が言ひたいのは、アジアの問題の源は中国なのです。北朝鮮なんかではないのです。北朝鮮は所詮チンピラ国家なのです。中国はそれを止めようと思へば、北朝鮮は何もできないのです。後ろの巨悪は中国だから。この中国の問題は、誰に頼んで解決してもらふのか。アメリカですか。今のところアメリカなのです。しかしアジアの問題は、アメリカに百%任せていいですか。アジア、台湾もさうなのですが、日本の利益はアメリカと百%一致しますか。もちろん一致しないですね。それぞれの家庭と同じやうに、国それぞれの事情があつてそれぞれの利益がある。自分の国の利益は自分が守らない限りは、尊敬される国にはなれません。自分のことも尊敬できないです。結局その国は、属国かペットになる訳ですね。まあ食事もできるし住むところあるし一応安全だし、檻の中にゐる訳ですから。ペットなんです。

日台の連帯を機軸に 2003-10 林 建良1-1


日台の連帯を機軸に@下関赤間神宮で行われた講演記録

在日日本人 2003-10-29 11:37:58  No.4737

--------------------------------------------------------------------------------
本日、メルマガで届いたのですが、読みながらとても感動致しました。
この感動を皆さんと共有したいので、少し長いですが、全文転載致します。
尚、上のリンク先でも読めますが、切れると悪いので、全文転載、ご了承下さい。
では、この書込への返信から始めます。



2003-10-29 11:38:26  No.4738

--------------------------------------------------------------------------------
―日台の連帯を機軸に―
(5月31日下関赤間神宮で行われた講演記録)

在日台湾同郷会 顧問 林 建良(りんけんりょう)

■1.日本が強くなる事がアジアへの貢献■

一人の台湾人として、皆さんに同志になつてもらひたい思ひでここに参りました。テーマは二十一世紀の大アジア主義ですが、大アジア主義といふ言葉は、いろんな解釈があります。孫文も言つたし内田良平さんも言つた。侵略主義とも解釈されてきました。そして今現在、主に右の人間が大アジア主義の看板を掲げてやつてゐるやうな誤解もされてゐます。私にとつての二十一世紀の大アジア主義といふものは、どういふものか。

戦後五十数年間日本は全く外国と紛争なしで、非常に平和な国になつてゐます。日本ほど平和な国はありません。まづあらゆる国は、数十年間一度たりとも外国と争ひ事がなかつたといふことはあり得ないのです。しかし、それは日本が問題にずつと目をつむり続けてきたといふことなのです。アジアの中に紛争がない訳ではありません。日本は責任をとらなくていいやうになつてるだけなんです。全ての責任はアメリカにとつてもらつてゐる訳です。この日本は幸せなのか、責任をとらなくていいやうな国になつてラッキーなのか。日本を愛する一人の台湾人として、日本の現状を危惧してゐます。虚無感が漂つてゐる無気力、自信喪失の日本になつてゐる訳です。では、どうすればいいのか。日本はどこまで真剣に自分の病状考えてゐるのか。私は非常に不思議に思ふのです。

二十一世紀の大アジア主義とは何か。日本がアジアに対する貢献は何か。一言でいへば、日本が強くなることなのです。日本が強くなることによつて、アジアに貢献する訳です。何故日本が強くなればアジアに対する貢献ができるのか。まづ一つの例から話をします。




2003-10-29 11:38:53  No.4739

--------------------------------------------------------------------------------
■2.SARS問題に見る中国の体質■

それはSARS問題です。SARS問題程、アジアの問題点を指摘できるものはありません。SARSは、中国から発生したものなので騒ぎ出したのは本当につい最近なんです。台湾では三月十四日に、初めてSARSが報道されてそれから今日の有様になつてゐる訳です。今日は五月三十一日、たつた二ヵ月半の内に世界が変はつてしまつた訳です。SARSの威力は、我々の想像を越えてゐますが、本質を突き詰めて考へれば、アジアの問題点が浮かび上がる訳です。

今公表されてゐる記事だけによると、去年の十一月広東省の佛山市で発生して、それから二月に香港で患者が出てそれが広がる訳です。これはあくまでも中国が認めたケースがかうなんだといふ訳なんです。まあ中国といふ国は、目の前に証拠をつきつけられて、初めて「ああさうですか、さう言へばさういうふことがあつたかもしれない。」といふ国なんです。

しかし、台湾大学伝染科部長、張上淳教授によると、SARSらしい患者を診たのは、去年の二月だつたんです。要はさらに一年前のことなんです。このケースはどういふケースかといふと、台湾人企業家が中国広東省で熱が出て、一週間の内に亡くなつたんです。たまたまその企業家の奥さんが、医療関係者でどうしても納得いかない。何でそんなに早く死んだのかと。そのレントゲンやいろんな検査資料を台湾に持ち帰つて張上淳教授に見せた訳です。すると、張教授は、病原菌についてどうしてもわからないことが出てきたのです。その時もう密かに台湾にさういふ噂があつた訳です。中国ではもしかすると、新種のインフルエンザが流行つてゐるのではないかとといふ噂でした。

去年二月のケースも、もしかするとSARSだつたかもしれません。ここからどんなことが見えてくるか。まづ、SARSの一番の発生源は、広東省の軍関係病院です。この病院に関はつた人間がSARSになつたと言はれてゐる。今はですね。ハクビシンといふジャコウ猫と関係してゐるのではないか、遺伝子の配列は全く同じだといふ報告が出てます。それはそれとして、SARSといふ存在が恐らく中国が認めたよりも早く出た。

このSARS事件から一つ見えたのは、中国の体質そのものなんです。この中国の体質の一番よく批判されてゐるところは、隠蔽体質、データの偽造、自分にとつて都合のいいやうに造つたりすることで




2003-10-29 11:39:37  No.4740

--------------------------------------------------------------------------------
■2.SARS問題に見る中国の体質■の続き

このSARS事件から一つ見えたのは、中国の体質そのものなんです。この中国の体質の一番よく批判されてゐるところは、隠蔽体質、データの偽造、自分にとつて都合のいいやうに造つたりすることです。まあそれだけだつたら、日本の元大蔵省とか、今の銀行でもさういふ体質は持つてゐる訳です。




2003-10-29 11:39:54  No.4741

--------------------------------------------------------------------------------
■3.権力が守られれば、人間の一人や二人死んだつて大したことない■

しかしそれだけではありません。中国のもう一つ恐ろしい体質は、高々何人死んだといふことで何でこんなに大騒ぎをするのかといふことなんです。人間の命、外国に対する無責任極まる考へ方こそ、中国の価値観そのものなんです。要は自分と関係ないものであれば、どうでもいいんです。中国のSARS騒ぎの後、中国の権力の中枢はどう対応しましたか。江沢民さんは北京から離れた。北京は患者が多いですから、いかに権力を持つてゐても、もしかすると首脳陣か誰か、ボディガードとかSARSが移つた可能性もあるし、怖いから上海に逃げた訳です。それからその後に、北京を実質的に封鎖したのです。高速道路のチェックとかかなり厳密なんですね。まあそれは当然といへば当然なんです。伝染病を退治する原則はたつた一つなんです。徹底的に隔離する、それだけなんです。ワクチンが開発前にできることは隔離だけなんです。

しかし隔離するために何が必要なのか。情報の公開が必要なのです。隔離される訳ですから、仕事もできないし、友達にも会ひに行けないし、大変なことなんです。非常に不便なんです。できるだけ隔離されたくない。さういふ意味で北京、広東省、広州以外の所はどうなつてゐるんでせう。それはわかりません。要はそのデータを出せば出す程、怒られるんですから。出せば出す程中国はきちんとやつてゐないといふ証拠になる訳ですから。今までの中国の隠蔽体質、そして中国の人命に対する考へ方からすれば、要は権力が守られれば、人間の一人や二人死んだつて大したことない。実際同じやうなことを毛沢東も_小平も言つたことがあるんです。中国で数千万人位死んだつて、どうつていふことはないと。それは彼らの人命に対する考へなんです。このやうな国が強くなつたら、大きくなつたらどうなるでせうね。自国の人民の命でさへ全然重視しない国が、他国の国民の命を大切にしてくれますか。それはあり得ない話なんです。

それともう一つ、中国の今の内部のこのSARS問題でもわかるやうに、中国の中の富の分配からしても安全の対処からしても、先程言つたやうに、北京の処置とそれ以外の所の処置とはまるつきり違ふ訳です。そして、上海の処置と広東省の処置もまるで違ふ訳です。それは何故なのか。命の価値が違ふからです。このやうな国は、要は富の分配も非




2003-10-29 11:40:20  No.4742

--------------------------------------------------------------------------------
■3.権力が守られれば、人間の一人や二人死んだつて大したことない■の続き

それともう一つ、中国の今の内部のこのSARS問題でもわかるやうに、中国の中の富の分配からしても安全の対処からしても、先程言つたやうに、北京の処置とそれ以外の所の処置とはまるつきり違ふ訳です。そして、上海の処置と広東省の処置もまるで違ふ訳です。それは何故なのか。命の価値が違ふからです。このやうな国は、要は富の分配も非常にばらつきが大きい。実際、中国の元首相、朱熔基さんが自分の人民大会でかう言つてゐます。中国の富の分配は、五〇%以上の富が一%の人間の手に入つてゐると。しかし、中国人は決して大人しい民族ではありません。彼らが続けて国を一つとして統治していけるといふ方法は、たつた一つなんです。膨張し続けることなのです。ずつと拡大し続けるんです。国民の注意力を外に向けさせる訳なんです。




2003-10-29 11:40:35  No.4743

--------------------------------------------------------------------------------
■3.何故日本をそこまでやつつけたいのか。■

中国人の最近の反日キャンペーンは、凄まじいものがあります。皆さん、インターネットをなさつてゐる方でしたら、中国のインターネット、ホームページをクリックすれば、官製ものも含めて極めて汚い言葉で日本を罵つてゐます。中国人にとつては日本民族はもう世の中に存在しなくていい存在なのです。このやうな言葉が公然と、中国の人民日報とか中国の官製のインターネットのホームページの中に書かれてゐる訳です。あの人達ははつきり言って、ほとんどの人は生まれてから日本人を見たことがない。では、何故彼らは過激的に反日になつてゐるのか、それはもちろん国の政策だから。小泉首相が北京に行つて見学させられたのは、抗日記念館といふ所です。一国の首相が中国を訪問して中国人に、ほら日本人はこんなに残虐なんだ、日本人はこんなひどい民族なんだと、日本がいかにだめな民族であるかといふことを教へられた訳です。

何故日本をそこまでやつつけたいのか。先程言ひましたやうに、中国は非常に問題を抱へてゐる。内部の情報の隠蔽の問題だけではなくて、富の分配の不公平、安全の対処の不公平、権力の分配の不公平からすれば、中国はこれからまとまり続けるということはほぼあり得ない。しかしまとまらなければいけない。だから、日本は中国のナショナリズムを煽る最高の対象になつてゐる訳です。恐らく日本人は中国人を、いろんな書物から、中国四千年の素晴らしい文化から、美しい漢詩から、美しい唐詩や宋詩から、美しい文学から、中国はこんなに立派な国なんだと理解してゐるのではないかと思ひます。

しかも日本人は一つ非常にいいところがあるんです。それは相撲を見ればわかります。アメリカ人の野球は審判が少しでも間違つたら、納得できないところがあつたら、すぐ手を出すんですね。これはアメリカといふ民族の性格かもしれません。しかし日本の相撲は、どんなに行司が判断を間違つてもあるひは物言ひがあっつても、審判が全員出て来てそこまでなんです。それから例へばビデオを回し直して、どちらの足が先に出たかをチェックするといふやうなことはやらないんです。やれないんですか。やれますよ、やらうと思へば。しかしやりません。何故かといふと、それはスポーツではないからです。日本にとつて、相撲は一つの儀式であり、魂の現はれでもあるんです。その潔さといふもの




2003-10-29 11:41:05  No.4744

--------------------------------------------------------------------------------
■3.何故日本をそこまでやつつけたいのか。■の続き

しかも日本人は一つ非常にいいところがあるんです。それは相撲を見ればわかります。アメリカ人の野球は審判が少しでも間違つたら、納得できないところがあつたら、すぐ手を出すんですね。これはアメリカといふ民族の性格かもしれません。しかし日本の相撲は、どんなに行司が判断を間違つてもあるひは物言ひがあっつても、審判が全員出て来てそこまでなんです。それから例へばビデオを回し直して、どちらの足が先に出たかをチェックするといふやうなことはやらないんです。やれないんですか。やれますよ、やらうと思へば。しかしやりません。何故かといふと、それはスポーツではないからです。日本にとつて、相撲は一つの儀式であり、魂の現はれでもあるんです。その潔さといふものは、日本の一番の長所であるともいへます。しかし戦後の日本はそれによつて駄目にされたこともあります。

要は戦争に負けたから仕方がない。日本人は非常に諦めが速い。仕方がないと思へばもうそれから画策して巻き返すといふことはあまりやらない。中国に負けた訳でもないのに。中国ではなくアメリカに負けたんです。しかし、一応戦争に負けた、悪いこともしたといふ概念が戦後の日本にずつと残つてゐる訳です。その結果としては、中国にどんなことをしてやられても仕方がない。終ひに人間が拉致されてもそれは仕方がない。テロ国家とはいへないと。

今日の産経新聞の一面に、日本の高級官僚田中均が、アメリカに行ってアミテージ氏と会談して、金正日体制を保障しろと言つたさうですが、これが今の日本なんです。はつきり言ってこの言動はコメントしやうがない。一体どこの国の官僚なのか。あなた日本人なのかと、恐らくアメリカ人に呆れられてしまつたと思ふのです。これが日本の現状であって、その日本はアジアで唯一中国より力を持つてゐる国なんです。この中国より力を持つてゐる国が、中国の今の犯罪行為を見逃すといふより、助長しているんです。日本が加担しているんです。


プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。